HOME » 【特集】今注目の菊芋とイヌリンの効果を徹底リサーチ » 【徹底解明】菊芋に含まれる「イヌリン」のすごさとは

【徹底解明】菊芋に含まれる「イヌリン」のすごさとは

本ページでは、菊芋の主成分であり、血糖値を下げる効果が期待できる物質、イヌリンに関する情報を詳しく掘り下げてご紹介していきたいと思います。

イヌリンの知識を深めるための特集ガイド

イヌリンは糖尿病の予防や血糖値を下げる働きがある成分として近年注目されるようになっており、サプリメントや健康食品なども数多く出回るようになりました。しかし、その名称や大まかな効果・効能は知っていても、それ以上はさほど知らない方が大半だと思われます。そこで、こちらを読んでいただいてイヌリンについてより詳しい知識を付けてみてください。現時点ですでに血糖値が高くなってしまっているという方にも、今は大丈夫だけど将来的に不安という方にも、必ずお役に立つはずです。

そもそもイヌリンとは何か?

ではまず、イヌリンとは果たして何なのかということからはじめていきましょう。イヌリンは、水溶性食物繊維の一種で、消化されずに小腸に滞留することで、糖質吸収を抑制する特徴を持ちます。イヌリンによって吸収されなかった糖質は、そのまま排出されるので、結果的に血糖値の上昇を防ぐ働きをするのです。

ここで覚えておきたいのは、イヌリン自身も、実は炭水化物やでんぷん質、砂糖類などと同じく、糖質の一種でもあるということ。ただし、特殊な糖分であり、人間の唾液や胃酸などの消化酵素では消化されないという性質を持っており、ダイエット食品などにも多く使用されています。

イヌリンは「太らない甘味料」でもある

より専門的な言い方をすれば、イヌリンは炭水化物の一種である果糖の重合体であるものの、栄養学的には炭水化物や糖質ではなく、食物繊維に分類されているのです。また、味覚の面では、イヌリンには砂糖の25~35%ほどの甘味成分があります。しかし、前述しました通り、イヌリン自体は体内で消化・吸収されることがないという性質があります。それゆえに「太らない甘味料」としても注目されており、実際にダイエット甘味料や食品などに使われる事例もどんどん増えているのです。

糖の吸収防止の他には、どんなメリットがあるの?

イヌリンは、食事で摂取した炭水化物や糖質の吸収を抑制して、腸から血液に吸収されるのを防ぐ働きを持つというのは、ご説明しました通りです。それに加え、間接的な効果として、消化吸収されないため、一時的な満腹感が得られやすいというメリットもあります。つまり、より少量の食事で満足できるようになるため、摂取する炭水化物や糖質が少なくて済むようになるという効果もあります。イヌリン含有のサプリメントは、その多くが食事の前に摂取するようにとされているのはそのためです。

さらには、こうした効果によって、食後の血糖値が急激に上昇することを防いでくれるため、インスリンが急激に分泌されることも防いでくれます。そこからすい臓の負担が軽減されます。そして何より見逃せないのは、体内に脂肪が蓄積されるのも防いでくれるという点。人間の体というものは、血糖値が急激に上昇すると、インスリンを多く分泌し、血中の糖と結合して脂肪として蓄えることで血糖値を下げようとします。もちろんそうなれば、体脂肪が増え、肥満を招いてしまうという訳です。イヌリンはこうした事態も防いでくれるので、ダイエット効果も期待できるのです。こうした特性から、イヌリンは別名「自然素材のインスリン」とも呼ばれています。そしてもうひとつ、イヌリンには腸にとっても、大変よい働きをもたらしてくれます。

イヌリンは腸内の善玉菌のエサにも

近年よく聞かれるようになった言葉として「腸内フローラ」という言葉をご存知でしょうか?フローラとは英語でお花畑を意味する“flora”のこと。実は、我々人間の腸内には、100兆個以上とも言われる細菌が棲んでいるとされています。そしてこの細菌たちは、グループごとにまとまって生息しており、その様子を顕微鏡などで覗くと、花畑のように見えることから、腸内フローラと呼ばれるようになりました。そして、この腸内フローラは、人種や性別、年齢などの要素に加え、食事や生活習慣などによっても大きく変化します。

そして、これら腸内の細菌は大きく分けると3種類あります。これまた耳にしたことがあると思いますが、人間にとって良い働きをしてくれるのが善玉菌、逆に悪い働きをするのが悪玉菌、そして普段はどちらでもないけれど体調悪化などで悪玉菌に変わる日和見菌があります。人間にとって理想的な腸内フローラは、善玉菌が2割、悪玉菌が1割、日和見菌が7割というバランスとのこと。善玉菌の数を保つのは健康面で重要です。

そこで大きな約割を果たしてくれるのが、他ならぬイヌリンなのです。イヌリンは腸内に入ると、フラクトオリゴ糖という物質に変化します。オリゴ糖もまた、腸にいい成分として近年よく耳にするようになりましたが、その理由まではご存知ない方が多いのではないでしょうか。フラクトオリゴ糖はずばり、善玉菌のエサとなってくれ、それによって善玉菌の数が増え、働きも活性化されるというメカニズムになります。そうすることで、腸内フローラが良好な状態に保たれ、糖尿病予防にもつながるというわけです。実際、このことは研究者による実験でも明らかになっているとのこと。また、腸の働きを活性化させ、便や老廃物の排出を促す効果もあるため、便秘の解消といった効果ももたらしてくれます。

イヌリンの摂取で注意することはある?

これまでご説明してきました通り、イヌリンには多数の利点があり、血糖値の数値に不安をお持ちの方はもちろん、ダイエットを望む方や便秘にお悩みの方などにも良い効果が期待できます。しかしながら、世の中完璧なものというのは存在しません。長所があれば短所もあるというのが自然の摂理であり、イヌリンも例外ではありません。

まず、気をつけるべきことの筆頭としては、過剰摂取をしないこと。これは一般的な薬などでも言えることですが、大量に摂ったからといってその分効果がより高まるとは限らず、むしろ副作用によってかえって健康を害するリスクが高まります。イヌリン含有のサプリ製品はまっとうなものであれば、1日あたりの摂取量が明示されていますので、必ず守るようにしてください。

ちなみに、多量に摂取した場合に起こり得ることとしては、下痢が起こりやすくなること。そうなれば、栄養が吸収できなくなり、脱水症状も引き起こされます。また腸内にガスがたまりやすくなるということも。

またイヌリンは炭水化物や糖分だけでなく、たんぱく質やビタミンなど他の栄養素の吸収率も落ちることになります。高血糖に悩む方は栄養不足という状態であるとは考えにくいですが、そうした方が摂取するのは避けるべきです。

そして最大限に注意しなければならないのがアレルギー症状です。人によってその度合いは異なりますが、最悪の場合アナフィラキシーというショック症状が起こり、血圧の低下や意識障害、さらには死亡のリスクまであるとされています。そうした不安がある方は、医師に相談すべきとされています。加えて、妊娠中の方や授乳中の方の安全性を裏付けるデータもないため、該当する方は摂取はやめておくべきでしょう。繰り返しになりますが、イヌリンはたくさん取れば良いというものではないこと、注意すべき点があることをしっかりと覚えておいてください。

以上のことに気を付けていれば、イヌリンを摂取しすぎることなく手軽に効果を得ることができるサプリメントは、とても有効な手段だと言えます。

菊芋に含まれる「イヌリン」がすごい

近年、老若男女問わず美容や健康への意識の高い人がどんどん増え、様々な種類の栄養素が注目されています。テレビや雑誌などでもよく特集がくまれているので、注目度の高さというのがよく分かります。栄養素の中には、あまり聞きなれない成分も沢山あり、何がどういうことに良い効果をもたらすのか、なかなか全てを理解するのは難しいかもしれません。でも、健やかに長生きしたいと望む人にとっては、どれも興味深いものばかりです。

その中でも年齢とともに気になる糖尿病や血糖値など成人病に効果があると注目されている「イヌリン」という成分を耳にされたことはありますか?その効果の高さから、今大注目されていて、サプリメントや健康食品など非常に多くの商品が出回るようになってきました。

「イヌリン」とは、菊芋やゴボウ、ニラなどのキク科の植物に含まれている多糖類の一つです。

イヌリンは、砂糖やでんぷんなどの糖類ではありますが、水溶性食物繊維と同様の働きをするため、消化されずに小腸に留まり、糖の吸収を抑えるという特徴があります。

つまり、吸収されなかった糖質がそのまま体外に排出される為、血糖値の上昇を抑える働きをするのです。その為、糖尿病への予防がとても期待されています。

また、イヌリンは腸内で善玉菌のエサとなります。人間の腸の中には、善玉菌や悪玉菌などの細菌が約100兆個以上も棲みついています。イヌリンが善玉菌のエサとなって、善玉菌の数を増やすことで、腸内環境を整える効果があるのです。

さらに、イヌリンは糖質の一種ではありますが、人間の唾液や消化酵素では消化ず、体内に吸収されない水溶性食物繊維です。ダイエットに効果的な成分なので、ダイエット食品などでもとてもよく取り入れられています。そして、腸のぜん動運動も促進する働きがあるので、便秘解消に効果が期待されています。

腸内環境を整えると加齢臭が減る?

年齢を重ねるにつれ、自分から発する臭いが気になってきますよね。年齢と共に新陳代謝が活発でなくなると、酸化物質が多くなるからなのです。

加齢臭という単独の臭いはありません。

汗や体臭が混ざり合って、時間とともに酸化することで、あの独特な臭いを発生させるのです。また、人の体から分泌される皮脂が酸化して、臭いの元となる場合もあるようです。さらに、腸内環境が悪化してしまうと、加齢臭の元となるのです。

腸内には約100兆個もの菌が混在しています。乳酸菌やビフィズス菌などのの悪玉菌や、ウェルシュ菌や大腸菌といった悪玉菌などです。日々腸内では悪玉菌と善玉菌が勢力争いをしています。悪玉菌が増加してしまうと、腸内にある食べ物が腐ってきます。アンモニアなどの悪臭の元となる物質が増加してしまうため、血液を介し体臭となって体外に排出されるのです。

そこで注目したいのが「イヌリン」です。

イヌリンは水溶性食物繊維なので、胃腸内で水分を吸収して膨張します。それによって、腸内のぜん動運動が活発になるので便通が良くなります。加齢臭の元となる物質や発がん性物質などを腸内から出してくれるのです。

腸内環境というのは、日々の食生活や生活習慣によって大きく変化します。ストレスや疲労なども腸内環境を悪化させる原因となります。便秘ではないからといって、腸内環境が良いということではないので、食生活に気をつけながら、心身共にリッラックスさせることを心がけましょう。軽い運動は、とてもおすすめです。

食事で摂れなければサプリメントで補強

加齢臭の軽減にも期待できるイヌリンを、積極的に体内に取り入れたいですよね。イヌリンを多く含む食品としては、ゴボウ、菊芋、にらなどが有名です。毎日の食事に、イヌリンを豊富に含む食品を、少しずつ取り入れていくのが理想です。しかし、現代人は日々仕事や家事、育児に追われていて余裕があまりないため、なかなか毎日調理する時間を取るのは難しいかもしれません。そんな時は、サプリメントなどの健康食品を上手に併用してみてください。食事で摂るのと同じように、イヌリンを簡単に摂取することが可能です。

忙しい日々の中で、食事からのみイヌリンを摂取し続けるのは非常に難しいですし、それによってストレスを抱えてしまったり、疲れてしまっては意味がありません。食事とサプリメントをバランスよく併用するのがおすすめです。大切なのは、日々継続して取り続けることであることを忘れないでくださいね。

そして、利点の多いイヌリンではありますが、取り過ぎには注意が必要です。ダイエットや便秘などに悩み、いち早く効果を期待過ぎるあまり大量に摂取するのはやめましょう。大量に摂取したからといって効果が高まる訳ではなく、かえって副作用に悩まされてしまうかもしれません。副作用としては、下痢や脱水症状、腸内にガスが溜まりやすくなったりしてしまいます。

菊芋であれば毎日卵一つ分くらいの量を、サプリメントであれば表示されている規定の量を守って摂取していば、副作用の心配はありません。

決定版!血糖値に効果のあるサプリメント徹底比較 詳しく見る