HOME » 【特集】今注目の菊芋とイヌリンの効果を徹底リサーチ

【特集】今注目の菊芋とイヌリンの効果を徹底リサーチ

本カテゴリーでは、血糖値の抑制効果で注目されている菊芋について特集。菊芋サプリメント製品の比較検証をはじめ、菊芋を使ったレシピ例、主成分であるイヌリンに関する情報などを、まとめて解説しています。

菊芋の特性や情報、効果などを一挙ご紹介 

血糖値の抑制や糖尿病の予防、さらにはダイエットなどの効果が注目される菊芋。しかし、じゃがいもや玉ねぎといった、お馴染みの食材に比べると知名度がなく、流通経路も限られているため、手軽に入手できるとまでは言えないのが現実です。

ここでは、まず健康食品としての菊芋を、血糖値抑制や糖尿病予防などに正しく役立てるためのコンテンツを紹介します。

手軽に摂るなら!おすすめ菊芋サプリを比較

数ある血糖値を抑えるサプリメントの中でも、菊芋を主成分としている製品がよく見かけられるようになりました。そこで本サイトでは、それらの中から品質が高く、効果が期待できる(その他の菊芋サプリがダメということではありませんが…)3製品をピックアップ。

それぞれの特徴や含有成分、実際に利用した方による口コミ、さらにはコストパフォーマンス面からも比較検証してみました。

「手軽に摂るなら!おすすめ菊芋サプリを比較」を詳しく見る>>

美味しく食べるなら!菊芋のレシピを紹介

菊芋は血糖値によい食材である、というのはお伝えしている通り。では、実際に料理するとなると、どうしていいか分からないという方も多いことでしょう。ご安心ください。そんなに難しく考える必要はありません。

例えば、じゃがいもを使う料理のじゃがいもの代わりに菊芋を使ったり、あるいはごぼうの代わりにしたりといったやり方があります。

そんな一例として「菊芋のきんぴら」「菊芋の刻み昆布の煮物」「菊芋のカレー焼き」「菊芋のごま味噌汁」といったメニューをご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

「美味しく食べるなら!菊芋のレシピを紹介」を詳しく見る>>

【徹底解明】菊芋に含まれる「イヌリン」のすごさとは

菊芋が血糖値改善や糖尿病予防に効果を発揮する理由…それは何といっても、主成分であるイヌリンという水溶性食物繊維の働きによるものです。

イヌリンは、体内で消化吸収されずに小腸に滞留し、糖質の吸収を遅くします。イヌリンによって吸収されなかった糖質は、そのまま体外に排出されるので、結果的に血糖値の上昇を防ぐという働きをすることになるのです。

イヌリンの特徴や働きをはじめ、注目される「糖質の吸収抑制」のほかにも、どんな効果・効能があるのかなどについて、さらに詳しく迫ります。

「【徹底解明】菊芋に含まれる「イヌリン」のすごさとは」を詳しく見る>>

菊芋の効果は?実際に体験した方の声を紹介

「天然のインスリン」として知られるイヌリンをはじめ、健康成分を豊富に含有する「イヌリンプラス」。「糖の吸収を抑える」「インスリンを活性化する」「糖の分解を抑える」と、かなりコスパの高く、口コミでも評判のサプリメントですが、実際の効果はどのようなものなのでしょうか?

ここでは、「イヌリンプラス」を2週間にわたり服用して、血糖値の推移を検証。実際に血糖値がどのように改善されたのか、詳しくレポートします。

「菊芋の効果は?実際に体験した方の声を紹介」を詳しく見る>>

あらためて菊芋とは何か、おさらいしておきましょう

ここでは、そもそも菊芋とは一体どんなものなのかをご説明していきたいと思います。菊芋という名称から、日本原産のものと思われてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、実は原産地は北アメリカです。そのためアメリカイモとも呼ばれ、そのほかにもブタイモ・サンチョーク・エルサレムアーティチョーク・トピナンブールといった呼ばれ方もします。

さらに誤って理解されやすいことなのですが、菊芋はその名前から、じゃがいもやさつまいもなどの芋類の仲間と思われがちですが、実はキク科ヒマワリ属の植物で、どちらかといえば生姜やニンニクに近いと言えます。地中の根が芋のようなので芋、菊の花に似た黄色い花を咲かせるので菊、これら2語から菊芋という日本名がつけられたとされています。

日本に伝わったのは江戸時代の末期頃とされており、当初は人間の食用ではなく、飼料として輸入され栽培されるようになったのだそうです。そして近年では、血糖値を下げる効果や、その他のメリットなどが注目されるようになり、一躍健康食品として扱われるようになったのです。

とは言え、一般家庭の食卓では、まだまだ馴染みのある食材ではなく、扱っている小売店も非常に限られているのが現実。また菊芋は本来、生命力や繁殖力が強く世界中に生息しているものの、日本で栽培している農家も圧倒的に少数派です。

菊芋ならではのメリットがより広く知れ渡り、栽培が盛んとなり、手軽に入手できるようになってほしいものですね。ちなみに現状では、岐阜県恵那市岩村町、岐阜県の恵那市岩村町と阿智村、そして熊本県の阿蘇郡小国町および菊池市といった地域が、菊芋の栽培・生産に力を入れており、地域振興にも活用しています。

ダイエットやアンチエイジングにも効果が期待できる

結論から言ってしまいますと「あり」ます。その筆頭として、血糖値抑制や糖尿病予防とも関連の深い、肥満防止=ダイエット効果が挙げられます。菊芋は糖分が腸から血中に取り込まれるのを防ぐことで、血糖値が急激に上昇するのを防ぎますが、このことによりインスリンが過剰に分泌されることを防いでくれます。そのため、インスリンが血中の糖を脂肪として蓄えることが少なくなり、ひいては体脂肪がつきにくくなるという仕組みです。同じ理由で、中性脂肪の抑制にもつながります。

菊芋の主成分であるイヌリンは、腸内でビフィズス菌へと変化し、善玉菌のエサとなってくれます。このことで腸内環境がよりよい状態となり、便秘などの改善にも効果を発揮してくれます。

もうひとつ意外なものとしては、アンチエイジング効果もあります。菊芋には、ペクチンやポリフェノールといった成分も含まれており、これらの成分は老化の原因として知られる「活性酸素」の働きを抑制する作用(抗酸化作用)をもたらしてくれます。特にお肌にお悩みの方には、大きな効果をもたらすとされていますので、健康維持だけでなく、美容にも役立ててほしいと思います。

ただし、誤解のないようつけ加えておきますと、菊芋は闇雲に量を食べればよいというものではありません。

菊芋の主成分であるイヌリンは、過剰に摂取すると下痢になったり、体質によってはアレルギー反応を引き起こしてしまう可能性があります。加えて、妊娠中や授乳中の方に対する安全性が立証されていないため、該当者の方は摂取を避けるべきとされています。心配な場合は、医師に相談し、アレルゲン検査を受けて摂取に問題ないかどうかを確認すると良いでしょう。

以上の通り、菊芋は体にとって大きなメリットをもたらしてくれる食材ですが、適量を守って、生活にうまく取り入れていく工夫が必要になります。季節の食材とともに、料理で頂くのもよいですが、日常的に手軽に成分を摂取したいのであれば、やはりサプリメントは欠かせません。ぜひ有効に利用してみてください。

決定版!血糖値に効果のあるサプリメント徹底比較 詳しく見る