サポニン

このページでは「サポニン」がもたらす、血糖値の上昇予防や抑制効果について解説していきます。

サポニンとは何か?血糖値への効果は?

サポニンとは、植物の根や葉、茎などに含まれていて、苦味やえぐみの元となっている成分の総称。体内で血栓を作る原因となる過酸化脂質の生成を抑えたり、コレステロールを除去したりする働きが特徴です。漢方薬などで、咳や痰を和らげるものとしても用いられています。

水に溶けると石鹸のような泡を出し、殺菌や抗菌作用があるため、天然由来の界面活性剤(洗剤)として使用されているケースもあります。ちなみにラテン語で石鹸のことを「サポ」といい、通り泡を出す性質からサポニンと名づけられたそうです。

サポニンの特徴と効果

由来となる植物によって性質が異なる、サポニン。なかには、人間にとって有害なものもあるとされていますので注意が必要です。大豆、高麗人参、田七人参などは健康的効果が高いと言われています。

サポニンは、血液に直接作用することで効果が出るのが大きな特徴。そのひとつが、血液中の悪玉コレステロールの値を下げる効果です。

血管の内側に悪玉コレステロールが付着・堆積してしまうことを防ぎます。その結果、脳梗塞や動脈硬化の予防効果を発揮。血栓を予防してくれる効果もあり、サラサラ血液を実現してくれます。

そしてもうひとつが、血糖値上昇を予防する効果です。腸内で糖が吸収されるのを抑制し、吸収された糖が脂肪と結びついたり、脂肪そのものが堆積したりするのを防ぐ効果もあるとされています。

より効果的に摂取するには?

サポニンは血糖値抑制の効果が望めますが、一般人の方が大豆の根や茎からサポニンを抽出するのは現実的には不可能です。高麗人参や田七人参であれば直接食べることは可能ですが、毎日の食事で必ず摂るというのも現実的ではありません。

そこでおすすめなのが、血糖値改善サプリメント。気軽に摂取できるので、長く飲み続けることができます。ぜひ検討してみてください。

医師の澤田さん

監修/東京警察病院 医師・澤田彰史

「120歳まで美しく健康に!」をモットーに、東京警察病院以外にも、幅広く医療に従事。高血糖の改善や、糖質制限ダイエット等のコラムも多く執筆し、自らも-14kgの減量に成功。アンチエイジングの専門家として、日テレ『世界一受けたい授業!』、フジテレビ『その原因Xにあり』など、テレビ番組でも活躍中。

決定版!血糖値に効果のあるサプリメント徹底比較 詳しく見る