ポリフェノール

このページでは、ポリフェノールによってもたらされる、血糖値の上昇予防や抑制効果について解説していきます。是非ご覧ください。

お馴染みのポリフェノール、血糖値への影響は?

ここ10年ほどの間に、健康によい成分として、ポリフェノールはすっかり知名度を上げました。みなさんも、一度は耳にしたことがあると思います。

しかし、言葉は知っていても、どんな成分なのか詳しく知らない、という方が多いのではないでしょうか。

ポリフェノールの特徴と効果

実は、ひと口にポリフェノールと言ってもその種類は何千とあり、効果や効能はそれぞれ異なっています。

中でも、血糖値の抑制に効果があると言われている、ポリフェノールは「リグナン」というもの。 イチイ科の植物である「紅豆杉」に含まれています。

インスリンの過剰分泌を抑え、糖の吸収を穏やかにして血糖値を下げる効果が主なもの。近年では注目が高まっていて、紅豆杉を原料としたお茶も、販売されるようになってきています。

ポリフェノールが多いコーヒーは血糖値を上げるのか?下げるのか?

ポリフェノールが豊富に含まれるものとして、コーヒーがあります。

「え?コーヒーと言えばカフェインじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、コーヒーにはカフェインの他にもポリフェノールも豊富に含まれているのです。

そんなコーヒーですが、実はコーヒーには血糖値を上げる作用と下げる作用の両方が含まれています。

コーヒーに含まれる物質として有名なカフェインはアドレナリンを活性化させ、血糖値を下げるためのインスリンの分泌を抑える効果があります。

しかし、一方でカフェインにはミトコンドリアの活性作用があり、血糖値を下げる作用も確認されています。

さらに、同じくコーヒーに含まれているポリフェノールにはクロロゲン酸が摂取した糖分の代謝に影響を与え、血糖値を下げる効果があります。

ここまで読んで「つまり結局何が正しいの?血糖値は上がるの?下がるの?」と思った方は多いと思われます。

その疑問の答えですが、飲み方やタイミングによって変わります。

コーヒーは飲むタイミングによって血糖値が上がりやすくなったり、上昇を抑えやすくなったりします。

もし、コーヒーで血糖値を下げたいのであれば、正しい飲み方やタイミングを把握する必要があります。

血糖値を上げないためのコーヒーの飲み方

血糖値の上昇を抑えるための飲み方を紹介しましょう。

まず、基本的には無糖のブラックコーヒーで飲むことが推奨されます。

砂糖やミルクを入れると、それだけで血糖値が上がる原因になってしまうからです。

もし、ブラックコーヒーが苦くて飲めないというのであれば、そこまで無理してコーヒーを飲む必要はないかもしれません。紅茶にもコーヒーと同じくポリフェノールとカフェインが含まれているので代用は可能です。こちらも同じく砂糖とミルクは入れないように。

飲むタイミングですが、食前が好ましいです。

食事を摂ることで糖分を摂取するのにもかかわらず、カフェインの摂取でインスリンの分泌を抑えてしまっては血糖値が上がりやすくなってしまいます。

逆に、食前に飲むことでミトコンドリアとアドレナリンの活性により血糖値の上昇が抑えられるので、インスリンの分泌が抑えられても食事による血糖値の上昇を緩やかにすることができます。

このように、タイミングと飲み方によってコーヒーは絶大な効果を発揮します。

食前にブラックコーヒーを飲み、糖尿病対策を行ないましょう。

より効果的に摂取するには?

ポリフェノールが含まれていても、ものによっては血糖値の改善につながらないことがあるので、注意が必要です。

例えば、チョコレートもポリフェノールを多く含んでいますが、GI値も高いため、血糖値が高い人は食べるのを控えるべき食材。また、コーヒーもポリフェノールが多い反面、カフェインが血糖値によくない影響をもたらすとされていて、チョコレート同様、摂取を避けるのが好ましいと言われています。

ポリフェノールが含まれている食材を摂取する時は、他に悪影響のある成分が含まれていないか、確認するようにしてくださいね。

血糖値に効果のあるポリフェノールとして紹介した「リグナン」は、水に溶けやすいという性質があり、お茶として摂取すると効率が良くなります。しかし、リグナンが含まれるお茶は、一般的なものよりやや入手困難という問題が。

もっと手軽に摂取する方法として、最近ではサプリメントが販売されています。手間もかからず、効果的に成分を取り入れられるので、おすすめですよ。気になった方は、是非チェックしてみてください。

医師の澤田さん

監修/東京警察病院 医師・澤田彰史

「120歳まで美しく健康に!」をモットーに、東京警察病院以外にも、幅広く医療に従事。高血糖の改善や、糖質制限ダイエット等のコラムも多く執筆し、自らも-14kgの減量に成功。アンチエイジングの専門家として、日テレ『世界一受けたい授業!』、フジテレビ『その原因Xにあり』など、テレビ番組でも活躍中。

決定版!血糖値に効果のあるサプリメント徹底比較 詳しく見る