イソアリイン

このページでは、玉ねぎに含有される「イソアリイン」という成分がもたらす血糖値の抑制効果について、解説していきます。

玉ねぎのイソアリイン、血糖値を下げる効果とは?

玉ねぎといえば、健康によい食べものの代表格としてすっかりお馴染みですよね。とりわけ近年では、血液をサラサラにする効果がよく知られています。

ただし、これは玉ねぎの成分のひとつである、「ケルセチン」の働き。血管の内側に動脈硬化の原因ともなる、LDLコレステロールが蓄積してしまうのを抑制する効果があったり、LDLコレステロールの量自体を減らす効果があったりと、動脈硬化の予防に大きく寄与します。

一方、血糖値の抑制に効果をもたらすのは「イソアリイン」という成分です。ケルセチンほどは知られていないものの、健康への効果は決してひけをとりません。

イソアリインの特徴と効果

イソアリインはイオウ化合物の一種で、インスリンの働きを活発にさせ、糖代謝を促す働きを持っています。血液中の糖成分を、エネルギーとして消費してくれるため、血糖値を下げることができるのです。

名前を聞いただけでは、あまりピンとこない方が大半かと思いますが、玉ねぎを包丁で切る時に出てくるツンとした刺激臭の元である、と言えば分かりやすいのではないでしょうか。料理をする立場からすると、涙や鼻水、くしゃみなどの原因となる厄介な物質ですが、血糖値を抑制し、健康に大きな効果をもたらしてくれる大切な成分なのです。

より効果的に摂取するには?

最も理想的なのは、玉ねぎを生のままで食べること

刺激のある辛味成分であるイソアリインは、玉ねぎを水でさらしたり加熱調理したりすることによって、成分が飛んでしまいます。

また、一般的な玉ねぎよりも、赤玉ねぎの方が、より効果が大きいことがわかっています。赤い色の正体であるアントシアニンという成分が、活性酸素を取り除いてくれるため、高血糖によってもたらされる活性酸素の増加防止に。アンチエイジング効果まで期待できます。

きちんと効果を得るには、積極的に食事に取り入れ、毎日摂取することが大切。しかし、生の玉ねぎを摂るというのは手間暇がかかるのはもちろん、抵抗がある人も多いのではないでしょうか?

そんなときは、サプリメントで摂取するのがオススメです。血糖値改善サプリメントには、イソアリイン以外の有効成分も複数入っているので、より効果的な血糖値改善にもつながりますよ。気になる方は、是非チェックしてみてください。

医師の澤田さん

監修/東京警察病院 医師・澤田彰史

「120歳まで美しく健康に!」をモットーに、東京警察病院以外にも、幅広く医療に従事。高血糖の改善や、糖質制限ダイエット等のコラムも多く執筆し、自らも-14kgの減量に成功。アンチエイジングの専門家として、日テレ『世界一受けたい授業!』、フジテレビ『その原因Xにあり』など、テレビ番組でも活躍中。

決定版!血糖値に効果のあるサプリメント徹底比較 詳しく見る