乳酸菌

本ページでは、乳酸菌がもたらす血糖値の上昇予防や抑制効果について解説していきたいと思います。

乳酸菌は血糖値にも効果あり、という新事実!

健康によいとされる各種成分のうち、乳酸菌は比較的知名度の高いものと言ってよいのではないでしょうか。

乳酸菌配合とアピールされているヨーグルトや乳飲料なども、スーパーやコンビニなどで手軽に入手できるようになっています。「腸内細菌」「腸内環境の正常化」といったフレーズも、よく耳にされることでしょう。

乳酸菌の特徴と効果

わたしたち人間の腸内には、500~1,000種類程度の細菌が住み着いています。このかたまりが、よく言われる「腸内フローラ」というもの。細菌のかたまりが花畑のように見えることから、名づけられました。

腸内フローラは、健康を保つために重要な要素と考えられており、その環境を良好な状態にする方法として、乳酸菌の摂取が推奨されています。

さらに、ここ数年の研究により、腸内フローラが整うと、血糖値の抑制や上昇を予防する効果もあることが、分かってきました。

アメリカの大学で行なわれた実験において、血糖値の数値が良い人と悪い人を比較すると、良い人は腸内細菌が多く、代謝や免疫といった体の機能に良い影響を与える善玉菌も見られました。逆に血糖値が高い人は、腸内に悪玉菌が多かったそうです。

また、別の研究機関で行なわれた、ラットを用いた実験では、高血糖状態のラットに特殊に配合した乳酸菌を90日間投与したところ、血糖値は30%減少したというデータも報告されています。

血糖値を改善する成分としても、今後さらに乳酸菌への注目が高まっていくことが、予想されますね。

より効果的に摂取するには?

乳酸菌が直接血糖値を下げる効果を持つのではなく、腸内フローラを整えることで、結果的に血糖値の上昇を防ぐことにつながります。あくまで乳酸菌を摂取すると効果があるのは、腸内フローラの状態改善なので、すぐに血糖値の低下につながる訳ではありません。

そのため「じっくりと血糖値の改善をはかりたい!」という人には良いですが「すぐに効果を得たい!」という人には不向きです。

より効果的に血糖値を改善したいなら、サプリメントでの摂取がおすすめ。有効成分が複数含まれているものも多いので、即効性も期待できますよ。是非試してみてください。

乳酸菌の血糖値に対する効果

乳酸菌が持っている働きについて更に詳しくご紹介しましょう。乳酸菌といえば一般的に腸内環境を整える働きが知られていますが、何となく体に良いらしいから…と取り入れている方も多いはず。

例えば、ヨーグルトの場合、乳酸菌によって発酵をするのですが、その際に作られる物質が粘り気を持っており、食物繊維と同じような働きをします。食前に血糖値上昇を防ぐ働きを持った野菜などを取り入れた方が良いのはわかっているものの、なかなか取り入れられていない…といった方にとっても朗報ではないでしょうか。

特に一時期ブームとなったカスピ海ヨーグルトを作る乳酸菌である「クレモリスFC株」と呼ばれる乳酸菌はその効果が強いとされています。クレモリスFC株は生きて腸まで届く乳酸菌としても知られており、血糖値が急上昇するのを抑える働きもあるのです。

乳酸菌の働きとは

血糖値との関係について詳しくご紹介する前に乳酸菌が持っている大切な役割について説明しましょう。

乳酸菌の持っているとても重要な役割といえば、腸内環境を整えることです。腸内環境を良好な状態に保つことは便秘改善のために欠かせないことなのですが、血糖値とも関係しています。

血糖値を急上昇させないためにはブドウ糖になった糖分を腸が吸収する際に膵臓でインスリンがしっかり分泌されなければなりません。ですが、腸内環境の悪化はインスリンの分泌機能の低下を招くのです。

インスリンはブドウ糖と結合し、エネルギーを作ります。そして全身に送られるため、血液中に糖分が溢れることはないのですが、インスリンが不足してしまい血液中に糖分が増えすぎた場合に高血糖の状態になるわけです。

つまり、インスリンが分泌されない原因はいろいろとありますが、そのうちの一つが腸内環境の悪化だといえるでしょう。

腸内環境は簡単なことで悪化してしまいます。食生活が乱れていたり、毎日お酒を飲んでいる、ストレスを感じているなどちょっとしたことで状態が悪化するものなので、常に良好な腸内環境を作るのは非常に難しいことだといえるでしょう。

そこで役立ってくれるのが乳酸菌です。なぜ乳酸菌が腸内環境を改善するのに役立ってくれるのかというと、乳酸菌が善玉菌の一種であることが大きく関係しています。

腸内には善玉菌と悪玉菌のほか、日和見菌と呼ばれる菌が存在しているのですが、実は腸内環境を大きく左右するのは日和見菌だといえるでしょう。

日和見菌とは言ってみれば良くも悪くもない菌のこと。しかし、その名の通り周りの状況を見て優勢な方につく菌です。

割合としては善玉菌は全体の1割、悪玉菌は2割、残りは日和見菌が占めています。少しでも腸内環境が悪化すれば全体の大部分を占めていると言われる日和見菌が一気に悪玉菌に加担するので、腸内環境は大きく悪化するわけですね。

これを防ぐためにも善玉菌である乳酸菌を取り入れることが重要です。

GLP-1による働き

乳酸菌は腸内環境整えるほかにGLP-1と呼ばれるグルカゴン様ペプチドを分泌する働きを持っています。GLP-1とはインスリンの分泌に欠かせない物質です。

そのため、乳酸菌を取り入れることによりGLP-1が分泌され、これが正常に働き掛けてインスリンをしっかり分泌することができれば血糖値の急上昇は抑えられるでしょう。

血糖値のコントロールがうまいこといかず、自身でインスリンを注射している方も多いですよね。乳酸菌などを取り入れ、少しでも血糖著コントロールがうまくいくように調整していきましょう。

乳酸菌を含むサプリ

イヌリンプラス

乳酸菌だけでなく、サプリメントの中でもトップクラスの配合量といえるほどの食物繊維を含んでいる商品です。菊芋や納豆などが加えられており、効果的に食物繊維を取り入れるのに役立ってくれます。

他にも健康食材として取り入れている人が多い玉ねぎやヨーグルトも含まれているので、血糖値改善効果だけでなく、健康管理のために取り入れたいと思っている方にも向いているでしょう。

血糖値改善にはハーブも効果的なのですが、健康ハーブとしてサラシアや桑葉も加えられているので、様々な働きにより血糖値改善をサポートしてくれます。

効果のあるサプリメントを比較して紹介

サプリメントを選ぶ際には自分に合ったものを比較した上で選ぶことが重要です。こちらのページでは血糖値の改善に効果のあるサプリメントを比較して紹介しているので参考にしてみてくださいね。

乳酸菌以外にも血糖値に働きかける成分はいろいろあるので、自分にとって継続しやすいものを選択しましょう。

医師の澤田さん

監修/東京警察病院 医師・澤田彰史

「120歳まで美しく健康に!」をモットーに、東京警察病院以外にも、幅広く医療に従事。高血糖の改善や、糖質制限ダイエット等のコラムも多く執筆し、自らも-14kgの減量に成功。アンチエイジングの専門家として、日テレ『世界一受けたい授業!』、フジテレビ『その原因Xにあり』など、テレビ番組でも活躍中。

決定版!血糖値に効果のあるサプリメント徹底比較 詳しく見る