HOME » 積極的に摂りたい!血糖値を下げる成分 » デオキシノジリマイシン(DNJ)

デオキシノジリマイシン(DNJ)

このページでは、桑葉に含まれるデオキシノジリマイシン(DNJ)という成分によってもたらされる、血糖値の上昇予防や抑制効果について解説していきます。

桑葉による血糖値改善の効果はいかに?

桑の葉茶(桑茶)といえば、利尿作用によるむくみの減少や、ダイエット効果があるのが有名で、以前から女性の間で人気を集めていますよね。近年では血糖値を下げる効果もあるとして、さらに注目が高まっているんです。

この血糖値の改善効果は、桑の葉に含まれているデオキシノジリマイシン(DNJ)という成分の作用によるものと、言われています。

デオキシノジリマイシン(DNJ)の特徴と効果

デオキシノジリマイシン(DNJ)という成分が持つ働きは、腸内において、糖分の体内吸収を抑制することです。

炭水化物は消化されるとき、まず麦芽糖に分解されます。その後、小腸でα-グルコシダーゼという酵素によりブドウ糖に変えられ、体内に吸収されていくのです。

このとき、α-グルコシダーゼの働きを弱めて、麦芽糖がブドウ糖に変化するのを減少させる働きをするのが、デオキシノジリマイシン(DNJ)。専門用語では「α-グルコダーゼ阻害効果」と呼ばれることもあります。

これは、デオキシノジリマイシン(DNJ)が麦芽糖とよく似た分子構造を持っているため、α-グルコシダーゼが麦芽糖と「勘違い」して結合してしまうことが原因。後から麦芽糖が小腸に入ってきても、その分はブドウ糖に分解されなくなる、というメカニズムです。

より効果的に摂取するには?

デオキシノジリマイシン(DNJ)は即効性があるものの、持続性がありません

血糖値減少効果を得るためには、毎食前に、桑茶を飲み続けなければならないのです。淹れる手間があったり、道具が必要だったりするため、自宅で食事を摂る際はともかく、外出時に飲むのは大変。

最近は、サプリメントでデオキシノジリマイシン(DNJ)を摂取できるものがあるので、桑茶の継続した摂取が難しい方にはおすすめです。

また複数の成分が含まれているものは、食事から摂取するよりも、さらに効率的に血糖値を下げることができるので、試してみてください。

医師の澤田さん

監修/東京警察病院 医師・澤田彰史

「120歳まで美しく健康に!」をモットーに、東京警察病院以外にも、幅広く医療に従事。高血糖の改善や、糖質制限ダイエット等のコラムも多く執筆し、自らも-14kgの減量に成功。アンチエイジングの専門家として、日テレ『世界一受けたい授業!』、フジテレビ『その原因Xにあり』など、テレビ番組でも活躍中。

決定版!血糖値に効果のあるサプリメント徹底比較 詳しく見る