HOME » 積極的に摂りたい!血糖値を下げる成分 » デオキシノジリマイシン(DNJ)

デオキシノジリマイシン(DNJ)

このページでは、桑葉に含まれるデオキシノジリマイシン(DNJ)という成分によってもたらされる、血糖値の上昇予防や抑制効果について解説していきます。

桑葉による血糖値改善の効果はいかに?

桑の葉茶(桑茶)といえば、利尿作用によるむくみの減少や、ダイエット効果があるのが有名で、以前から女性の間で人気を集めていますよね。近年では血糖値を下げる効果もあるとして、さらに注目が高まっているんです。

この血糖値の改善効果は、桑の葉に含まれているデオキシノジリマイシン(DNJ)という成分の作用によるものと、言われています。

デオキシノジリマイシン(DNJ)の特徴と効果

デオキシノジリマイシン(DNJ)という成分が持つ働きは、腸内において、糖分の体内吸収を抑制することです。

炭水化物は消化されるとき、まず麦芽糖に分解されます。その後、小腸でα-グルコシダーゼという酵素によりブドウ糖に変えられ、体内に吸収されていくのです。

このとき、α-グルコシダーゼの働きを弱めて、麦芽糖がブドウ糖に変化するのを減少させる働きをするのが、デオキシノジリマイシン(DNJ)。専門用語では「α-グルコダーゼ阻害効果」と呼ばれることもあります。

これは、デオキシノジリマイシン(DNJ)が麦芽糖とよく似た分子構造を持っているため、α-グルコシダーゼが麦芽糖と「勘違い」して結合してしまうことが原因。後から麦芽糖が小腸に入ってきても、その分はブドウ糖に分解されなくなる、というメカニズムです。

より効果的に摂取するには?

デオキシノジリマイシン(DNJ)は即効性があるものの、持続性がありません

血糖値減少効果を得るためには、毎食前に、桑茶を飲み続けなければならないのです。淹れる手間があったり、道具が必要だったりするため、自宅で食事を摂る際はともかく、外出時に飲むのは大変。

最近は、サプリメントでデオキシノジリマイシン(DNJ)を摂取できるものがあるので、桑茶の継続した摂取が難しい方にはおすすめです。

また複数の成分が含まれているものは、食事から摂取するよりも、さらに効率的に血糖値を下げることができるので、試してみてください。

デオキシノジリマイシン(DNJ)の血糖値に対する効果

デオキシノジリマイシン(DNJ)が持っている血糖値改善効果について更に詳しくご紹介します。

私たちの身体が血液中に糖分を取り入れるのはエネルギーに変換するためです。しかし、食材から取り入れた多糖類と呼ばれる段階の糖分はそのままでは大きすぎて吸収することができません。

様々な臓器を通り、小腸に運ばれる頃には多糖類ではなく二糖類と呼ばれる段階になるのですが、これでもまだ吸収するにはサイズが大きいのです。

そこで、小腸で更に糖質を分解してやっとエネルギーとして吸収できるサイズである単糖類(ブドウ糖)になるわけですね。低血糖になった際にブドウ糖を取り入れますが、これはブドウ糖が初めから身体に吸収されやすい大きさだからです。

二糖類から吸収されやすい単糖類に分解するためには「α-グルコシダーゼ」と呼ばれる酵素が欠かせません。α-グルコシダーゼと結びついた二糖類は単糖類になるわけですが、言い換えればα-グルコシダーゼの働きを抑えることができれば二糖類は単糖類になれないため、血液中に糖が取り入れられるのを防げます。

これは血糖値を上げないことを意味しているのです。

ここで役立つのがご紹介しているデオキシノジリマイシン(DNJ)となります。二糖類によく似たデオキシノジリマイシン(DNJ)を取り入れることによりα-グルコシダーゼは二糖類だけでなくデオキシノジリマイシン(DNJ)と結合し、結合が間に合わなかった二糖類は吸収されずに済むのです。

デオキシノジリマイシン(DNJ)を取り入れたからといって、食事から摂取した成分が一切吸収されない状態になるわけではありません。そのため、桑の葉が含まれているサプリメントを取り入れているから食べ過ぎても大丈夫とは考えないようにしましょう。

ただ、結果的に身体に吸収される糖分が少なくなるわけなので、多少糖質制限と似た働きが期待できますね。血糖値に悩んでいる方の多くは食事から取り入れる糖質量に注意しているかと思いますが、糖質は日本人の主食であるお米などの炭水化物に豊富に含まれている成分でもあるため、完全に排除するのはなかなか難しいです。

ハードな糖質制限は食べられないものも多く継続して行うのが難しい方もいますが、摂取する糖質量を抑えるためにもデオキシノジリマイシン(DNJ)を役立ててみましょう。

食後血糖値を抑える実験データがある

トヨタマ健康食品株式会社によって行われた実験では健康な5名の被験者を対象にDNJを含む桑葉粉末の食後血糖値抑制効果の検証を行いました。被験者に対して50gのショ糖を飲ませ、0.8gまたは1.6gの桑葉粉末を摂取してもらって食後2時間の血糖値を測定したのです。

すると、

桑葉粉末を摂取したことにより血糖値の上昇が抑えられていることが確認されたそうです。

参照:『桑葉とは』 トヨタマ健康食品株式会社
http://www.kenkoshokuhin.jp/about_kuwaha_dnj/

デオキシノジリマイシン(DNJ)は桑の葉以外にも含まれているものの、桑の葉ほど含んでいるものはありません。また、桑の葉が原料に使われている血糖値サプリメントはデオキシノジリマイシン(DNJ)以外にも桑の葉の栄養成分を取り入れていることが考えられます。

桑の葉にはミネラルや食物繊維が豊富に含まれており、これらも血糖値を改善させるのに役立ってくれるのです。それだけでなく、血圧や血中脂肪に働きかけるため、血糖値以内にこれらのトラブルに悩んでいる方にも向いています。

驚くことに桑の葉が持っている糖尿病の改善効果は鎌倉時代にはすでに認められていたとのこと。茶書兼薬書喫茶養生記には桑粥、桑湯を飲むことにより糖尿病に効果があると記されていたそうです。

イシン(DNJ)を含むサプリ

イヌリンプラス

桑葉のほか、サラシアなどを含んでいるサプリメントです。自然由来のサプリメントで一袋当たり食物繊維が46,000mgも配合されているため、野菜不足を感じている方もチェックしてみましょう。

この食物繊維はレタスにすると153玉分にも相当します。血糖値を上げないために野菜を取り入れなければならないことはわかっているものの、つい忘れてしまう…という方も血糖値管理に役立ててみましょう。

桑葉以外にも健康管理に役立ってくれる玉ねぎやビフィズス菌、血糖値を抑える働きを持ったイヌリンや菊芋、納豆などを含んでいるのが特徴です。

サプリメントの成分を比較して選ぶ

デオキシノジリマイシン(DNJ)の他にも様々な成分が血糖値の改善や上昇を抑えるために役立ってくれます。こちらのページでは数ある血糖値対策用サプリメントを比較してご紹介しているので参考にしてみてくださいね。

含まれている成分の特徴などもご紹介しているので、自分にとって最適な商品が見つかりやすくなるでしょう。

医師の澤田さん

監修/東京警察病院 医師・澤田彰史

「120歳まで美しく健康に!」をモットーに、東京警察病院以外にも、幅広く医療に従事。高血糖の改善や、糖質制限ダイエット等のコラムも多く執筆し、自らも-14kgの減量に成功。アンチエイジングの専門家として、日テレ『世界一受けたい授業!』、フジテレビ『その原因Xにあり』など、テレビ番組でも活躍中。

決定版!血糖値に効果のあるサプリメント徹底比較 詳しく見る