HOME » 高めの血糖値との上手な付き合い方 » 気をつけるべき症状

気をつけるべき症状

このページでは、血糖値が高いと引き起こされる症状、ならびに糖尿病へ悪化することで起きる症状についてご紹介していきます。

血糖値が高いことで引き起こされる症状とは?

血糖値は、9時間絶食した状態で行う空腹時血糖値検査において、健康状態が良い人の場合は110mg/DL程度、食事の直後でも140mg/DL程度です。一方で、要注意な数値である、200mg/DL前後。自覚症状はまだ現れませんが、血糖値の検査は早期発見・早期対策の観点からも重要になってきます。

血糖値の数値が300~400mg/DL前後となると、のどが非常に渇きやすくなって水分を欲するようになったり、尿の量や頻度が増えたりする症状が。また、疲れやすさを感じるようにもなってきます。

そして500mg/DL以上となってしまうと、吐き気や嘔吐、意識が遠のく、昏睡状態になるといった深刻な症状が現れます。さらには、いわゆる糖尿病の合併症として、以下のような症状にも見舞われることになります。

神経障害

手足の痛みや痺れ、感覚が鈍るといった症状に加え、下痢や便秘、発汗過多、排尿障害、勃起障害などが起こるようになります。

神経障害と糖尿病になんの関係があるのかというと、血中のブドウ糖が大きく関係しています。高血糖の状態だと、血中の余分なブドウ糖が神経細胞に悪影響を及ぼし細胞のメカニズムが狂ってしまうのです。その結果ソルビトールという物資が分泌され、神経にダメージを与えてしまいます。

他にも、血糖値が高いことで血流が悪くなり、細い血管の血流が悪くなって十分な栄養と酸素が末端まで行き渡らなくなるのも神経障害の原因です。

予防方法としては、運動によるエネルギー消費が最も確実です。

腎機能低下

腎臓の体内の老廃物を濾過して、体外に排出する働きが低下。悪化すると、老廃物を血液から人工的に取り出す透析治療をしなければならなくなります。

腎機能低下で最も恐ろしいのは、一度破壊された腎臓は、決して元の状態に戻らないということです。軽度のダメージなら修復しますが、一定以上のダメージを受けた腎臓は再生せず、まともに機能しなくなってしまいます。

糖尿病によって体調に様々な悪影響が出るのが、この腎機能が低下していることが原因として挙げられます。よって、糖尿病のリスクをできるだけ下げたいのであれば腎臓の健康状態は絶対に見落としてはいけません。

予防方法としては、腎臓に良いものを摂取し、腎機能を高めることです。

脳卒中

脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血の総称。高血糖によって、脳の血管が詰まったり、血管が狭くなったりすることで、脳梗塞の発祥リスクが高まり、さらには脳機能がダメージを受け、死に至る場合も

神経障害の項目で説明したように、血中のブドウ糖が多いと、人の血流は著しく悪化してしまいます。その結果、脳の細かい血管の血流が悪くなってしまします。

脳は人の動きを司る重要な部位であり、ちょっとした異常でも様々な障害を引き起こしてしまいます。特に小さな血管の血流が悪くなると「隠れ脳梗塞」といってほとんど自覚症状が現れず、緩やかに症状が悪化していきます。

予防方法としては、脳ドックに通い、脳の健康状態をチェックしたり、健康診断で血糖値の確認をすることです。

動脈硬化

血液中のブドウ糖の濃度が高くなることで、全身の動脈が硬くなったり詰まったりする症状。血流が悪くなるだけでなく、脳卒中や動脈瘤、心臓病といったより深刻で重篤な症状を引き起こすことになります。

他にも、活性酸素が動脈硬化を促進させています。血管の内幕を構成しているタンパク質とブドウ糖が付着することにより活性酸素が発生し、過剰発生した活性酸素が細胞に攻撃をするため、血管が炎症を起こし、劣化してしまうというのが原因です。

さらに、その炎症を治すために白血球がマクロファージを分泌し、そのマクロファージによって脂肪物質が発生し、動脈硬化を促進させてしまうのです。

予防策は、やはり運動と節度のある食事が最も重要です。また、体内の活性酸素を除去する効果のある食べ物を食べるのも効果が期待できます。

放置すると深刻な症状になるケースも

血糖値が高い状態を放置することは、深刻な病状を招き、時には死に至る場合もありえます。それゆえに、血糖値が高い方は、決して甘く考えることなく、ケアやコントロールが重要だと認識するようにしましょう。

糖尿病へ悪化した場合の改善方法

血糖値が高いからといって必ずしもすぐに糖尿病になるわけではありません。ですが、血糖値が高い状態が慢性的に続いてしまうと糖尿病になるため、できるだけ早い段階で改善を目指したいですね。

糖尿病とは

私たちが主食で取り入れているご飯や麺類などは炭水化物です。炭水化物には糖質が含まれており、生命を維持するために欠かせない役割を持っています。体内に取り入れられた糖質は消化によってブドウ糖になり、血液を通して全身の細胞に届けられ、細胞がブドウ糖を吸収することによりエネルギーになるのです。血液の中にどれくらいブドウ糖が含まれているのかを示す数値が血糖値です。

正常な方であれば血中のブドウ糖を効率よく使うための働きを持ったインスリンというホルモンが膵臓から分泌され、細胞がブドウ糖を取り込んでエネルギーとして活用するのをサポートしてくれます。言い換えれば、インスリンの分泌量が足りないと血中のブドウ糖をうまくエネルギーに変換することができず、血液中に糖が溢れやすい状態になってしまうということ。この状態が糖尿病です。

糖尿病には1型糖尿病と呼ばれる、膵臓の細胞が壊れていて全くインスリンが作られないタイプの糖尿病のほか、2型糖尿病と呼ばれるインスリンの分泌量が減ってしまうものがあり、日本人のうち90%の方はこちらの2型糖尿病となっています。

他にも妊娠中に発見される妊娠糖尿病もありますが、こちらは出産後に血糖値が正常に戻る方も多いです。ただ、もともと糖尿病であったのが妊娠中に発見されたタイプの方もおり、その場合は出産後も血糖値が安定しにくいため治療を行っていかなければなりません。糖尿病の怖い点は何かというと、血糖値が高い状態が慢性的なものになると合併症を引き起こすリスクが高まるということです。血糖値を安定させることは様々な合併症を防ぐことにもつながります。

糖尿病の症状

糖尿病の代表的な症状として挙げられるのが、体重が減る、疲れやすくなる、水を飲む量が増える、尿の量が増えるというもの。体重が減るのはインスリンが少なく、ブドウ糖をうまくエネルギーとして使えないためにその代わりとなるタンパク質や脂肪をエネルギーとして使う働きがあるからです。

また、エネルギーが不足するために疲れやすくなります。それから、糖が尿に出る際にはたくさんの水分も出てしまうため尿の量が増え、これによって脱水状態になるのを防ぐために喉が渇くようになるのです。

糖尿病の改善方法

糖尿病を改善するには、段階によって治療法が異なります。まだ糖尿病と呼ばれる段階ではないのであれば、日常生活を改善することにより大きな効果が期待できるでしょう。特に全体の90%を占めている2型糖尿病は生活習慣病の一つでもあり、運動不足や肥満、過食、ストレスなど様々なものが原因となって発症します。生活の中に複数の原因が隠れていることもあるため、それらを特定し、一つひとつ改善していかなければなりません。

また、食事から取り入れる糖質が血糖値と大きく関係していることもあり、食事に注意することも大切です。糖質を多く含む炭水化物中心の生活になってしまうとたくさんのインスリンが必要になり、膵臓が疲れて十分な量のインスリンが分泌できない状態になります。

食生活では炭水化物の量を減らすなどの対策を取らなければなりません。糖尿病の状態が悪化すると運動療法や食事療法だけでは十分な効果が得られなくなり、病院での治療が必要となります。

内服薬のみで血糖値のコントロールが難しい状態になると自分でインスリン注射を打たなければならない状態になるため、できるだけこの前の段階で食い止めましょう。

糖尿病になると多くの恐ろしい合併症を併発します。それらはどんなものなのか、もしなってしまうとどうなってしまうのかをご説明します。血糖値が高いと言う方はどんな事に注意して生活すればいいのか、おすすめのサプリなどもあるので、今から出来る糖尿病対策を行いましょう。また、普段の生活習慣でも血糖値の上昇を下げる事ができるので、日々の生活を正す事も重要です。

糖尿病の三大合併症

糖尿病は日本国民の多くが罹患している病気です。最近では若い層でも血糖値が高い方が増えてきています。それに比例して三大合併症の心配も高くなります。三大とありますが糖尿病による合併症は数多くあり、どれも深刻な状態を招きます。

糖尿病になると、糖尿病そのものよりも合併症の方が深刻なので、沢山の病気の心配をしなくてはなりません。一つ目の合併症は糖尿病性腎症で、悪化すると人工透析が必要となります。腎臓の機能が弱まり、体内の血液のろ過が自分ではできない状態になるのです。二つ目は糖尿病性神経障害で、手足がしびれる状態が続きます。血糖値が高いという状態が慢性化すると神経が鈍り、悪化してしまうと手足を切断しなくてはなりません。三つ目は糖尿病性網膜症です。眼底の血管が詰まってしまい、視力が落ちるだけではなく、失明してしまいます。

実は日本人が失明してしまう原因で一番多いのが糖尿病による網膜症の為なのです。これら以外にも合併症は多くありますので、血糖値を下げる事をまず考えなくてはなりません。その他の合併症としては、肺炎になりやすくなり、脳卒中や心筋梗塞など重篤なケースに発展してしまう合併症も多くあります。まだ若い年代の方でも、血糖値が高いと言う方はこれらの合併症の事を知っておく必要があります。

糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病性神経障害の危険性

三大合併症はどれも悪化してしまうと普段の生活にも影響してしまいますし、本人の苦痛や負担も大変大きなものとなります。糖尿病網膜症の場合は、まず視力が低下する事から始まります。中にはちょっとした事で目が充血して、目に関する様々な不調が見られるようになります。失明と聞くと事故や脳の病気をイメージしてしまいますが、糖尿病の合併症で失明まではいかなくても生活に支障が出るレベルの弱視になる事が多くあります。

糖尿病腎症により透析が必要となると、毎日または、2,3日に1回は病院に行き、数時間透析を受けなくてはなりません。病院から家が遠いと通院だけでも大変ですし、あなたの時間が大きく削られてしまう事になります。うっかり透析に行くのを忘れたなんて言う事になると取り返しがつかなくなります。糖尿病性神経障害も、同じく悪化すると大変な事態になります。手足の切断なんて、大げさだと思われるかもしれませんが、神経がしびれた状態が続くと末端の指等が壊死してしまいます。

そのまま放っておくと壊死が進行していくので、指だけではなく、膝から下を切断という事態に陥ってしまいます。糖尿病はこの様な深刻な合併症を多く引き起こしてしまうので、普段から血糖値には気を付けましょう。

日々の生活が病気の予防に直結

糖尿病は、なってしまってから焦るのではなく毎日の生活の中で予防して行かなくてはなりません。健康を損ねる前にちょっとした積み重ねで予防ができます。

例えば、血糖値を下げて、身体に吸収される事を防ぐ事ができる成分が配合されている菊芋やイヌリン入りのサプリメントを摂ると言うのも有効です。サプリは手軽に効率良く有効成分を摂り入れる事ができるので、血糖値を下げる目的で飲めます。

また、甘い物やお菓子、果物類の食べ過ぎを抑えるのが大事です。糖尿病=甘い物と言うイメージがありますが、白米やアルコールにも糖は多く含まれています。これらを過剰に摂取しないことが一番の糖尿病予防です。しかし糖尿病は遺伝性が強く、なりやすい体質というのが存在します。親や親戚に糖尿病の方が居る、多いと言う方は若いうちから血糖値に目を配り、予防する事が大切です。また、運動も糖尿病予防、血糖値の上昇を下げる効果が望めるので、適度に行うようにしましょう。

糖尿病は昔、成人病と呼ばれていましたが、今では生活習慣病と呼ばれています。その名の通り生活習慣で患ってしまう病なので、いくらでも予防はできます。日々の生活を少し工夫するだけで血糖値上昇は避けられますので、自分はまだ若いからと油断せずに糖尿病対策を行いましょう。

糖尿病のサインは血糖値から伺う事ができます。年々上昇している方はこの先も年齢を重ねるごとに上昇していくことが予想されるので、早い段階での対策や予防が必要です。血糖値が高いと言う事は、他の数値も高いと言うケースも多いので、今一度生活習慣、食生活を見直してみましょう。血糖値が気になる方は、会社などの健康診断以外にも自分自身で病院に行き定期的な血液検査をするなどして自己管理を行い、血糖値がどれくらいなのかを知っておきましょう。

決定版!血糖値に効果のあるサプリメント徹底比較 詳しく見る