HOME » 食事で改善!血糖値を下げる方法 » 血糖値を上げてしまう食品とは?

血糖値を上げてしまう食品とは?

ズバリ!血糖値が上がる食べ物とは

このページでは、血糖値が上がる食べ物について食品名や種類による違いなどについて、ご紹介します。

血糖値が上がりやすい食べ物には、白米やパン類、麺類などの炭水化物砂糖やはちみつなどを使用した菓子類・甘味類があります。また、じゃがいも・にんじん・かぼちゃ・とうもろこしなどの根菜類も、血糖値を上げる傾向が高い食べ物です。

ただし、同じ食品であっても、加工や調理の仕方によっては血糖値の上昇が穏やかになるということもあります。その代表格がお米。血糖値の上昇を計る指標となるGI値が白米が88なのに対し、お粥にすると57となります。玄米の場合は55、玄米のお粥は47まで下がるのです。

パン類も種類によってGI値は大きく異なります。食パン95、フランスパン95、ロールパン83、ベーグル75とこれらはGI値が高いのに対し、ライ麦パン55、全粒粉パン50と、GI値が低いものも。血糖値が高い、でもこれらが食べたいという方は、同じ部類の中でGI値の低いものを食べるのが効果的です。

また、よくありがちな誤解が「カロリーが高い=血糖値が上がりやすい」ということ。一見血糖値が上がりやすそうな、肉類や魚介類はGI値60以下の場合がほとんどです。またしかし、だからといって食べ過ぎてよいということではありません。

自分が食べる食材は血糖値が上がりやすいのか否かを把握し、なるべく低いものを選ぶという心がけが大事になります。

血糖値が上がりやすい食べ物一覧

炭水化物 食パン、フランスパン、うどん、ラーメン、白米など
野菜類 かぼちゃ、ごぼう、にんじん、じゃがいも、とうもろこしなど
お菓子類 つぶあん、ショートケーキ、チョコレートなど
調味料類 コショウ、黒砂糖、上白糖など

うっかり食べてもサプリメントでケア

血糖値が上がる食べ物には、美味しくて、誘惑が強いものが多いです。大好きなものを我慢しきれず、うっかり食べてしまうこともあるはずです。外食が多くなりがちな、忙しい社会人の方は特にそうでしょう。

そこでおすすめしたいのが、血糖値改善サプリメントの活用です。うっかり血糖値を上げやすいモノを食べたとしても、サプリメントでしっかりケアすることができます。ぜひ検討してみてください。

決定版!血糖値に効果のあるサプリメント徹底比較 詳しく見る