HOME » 食事で改善!血糖値を下げる方法 » 食べ物だけじゃない!血糖値を下げる飲み物とは

食べ物だけじゃない!血糖値を下げる飲み物とは

このページでは、血糖値を下げる効果が期待できる飲み物についてご紹介します。

血糖を下げる効果がある飲み物は?

血糖値が高くて悩んでいるのであれば、食事を改善するのはもちろんですが、飲み物に対しても気を遣う必要があります。飲み物であっても、含まれている成分によっては、血糖値を下げる働きがあるのです。

毎日口にする飲み物を変えるだけでも、高血糖を十分に予防できます。それでは、どのような血糖値を下げる飲み物があるのでしょうか。

コーン茶

最近注目されるようになったお茶の一種で、トウモロコシから抽出される成分です。カフェインは含まれていませんが、食物繊維を多く摂取することができます

トマトジュース

有効成分として知られるリコピンには、抗酸化作用と同時にインスリンの働きをサポートする効果も認められています。

菊芋茶(きくいもちゃ)

菊芋茶の特徴は、血糖値を下げる効果がある「イヌリン」が含まれていること。糖尿病や肥満に対しても効果的だと、注目を集めている成分です。

コーヒー

コーヒーに含まれている「クロロゲン酢酸」はポリフェノールの一種で、糖の代謝をサポートして、血糖値の上昇を抑える効果があります。しかし、カフェインが含まれているので、多く摂取するのは控えるようにしましょう。

バナナジュース

血糖を下げる効果カリウムや、血糖の吸収を遅らせる食物繊維が多く含まれているのが特徴的。砂糖を入れずに、牛乳と一緒にミキサーにかけて飲むのがおすすめです。

その他にも、血糖を下げる作用があるノビレチンを含むシークァーサージュース食物繊維が豊富に入っている野菜ジュースなどが血糖値の上昇を抑制してくれる飲み物です。

血糖値を下げる飲み物に含まれる栄養素

飲み物の中には、血糖値を下げる成分が含まれているものがあります。ここでは、そんな成分について紹介しましょう。

アルポラン

アルポランは、多糖類であり、主にアロエに含まれている栄養素です。アルポランには血糖値を下げ、正常値に戻す効果があるとされています。また、他にも様々な健康効果があり、生活習慣病予防にも効果が期待されています。

アロエは「医者いらず」と呼ばれているほど様々な医療に活用できる植物であり、自家栽培している人も多いです。具体的な使い方は肉厚の歯の表面を剥がし、中にある葉肉を食べます。

そのままでは食べづらいだけではなく、苦味があるため、アロエヨーグルトなど細かく刻んで飲み物に混ぜるなどの利用方法で摂取しましょう。

ちなみに、葉肉は患部に貼り付けるだけでやけどや切り傷の治療促進効果もあります。

リコピン

リコピンとはカロテンの一種です。リコピンには抗酸化作用がある他、血糖値のコントロール作用があることがわかり、血糖値そのものを下げる効果があります。

そんなリコピンが多く含まれているのは、トマトです。トマトはそのまま食べるのも良いですが、より効率的に摂取したいのであれば、トマトジュースの方がおすすめです。

トマトジュースに用いられているトマトは完熟のものを使っているため、従来にものよりもリコピン含有量が多いからです。

基本的に、コップ一杯分のトマトジュースを1日に1本飲めば血糖値は改善します。なお、トマトジュースが苦手な場合はキャロットジュースでも代用できます。

コロソリン酸

コロソリン酸とは、バナバの葉に含まれている成分です。コロソリン酸はインスリン分泌を促す他、血糖値を下げる効果があり、糖尿病予防に効果があるとされています。

フィリピンではバナバの葉は観賞用として栽培しているだけではなく薬用として葉を煮込んだ汁を飲んだり、煮込んだ葉そのものや種を食べたりする習慣もあります。

しかし、コロソリン酸を摂取するためにはそこまでする必要がなく、サプリメントなどで摂取するだけでも十分な量を摂取できます。

飲み物として摂取するのであれば、ゴーヤがあります。ゴーヤの苦味成分はコロソリン酸であり、ゴーヤジュースは十分なコロソリン酸を摂取できます。

しかし、やはり苦いので苦手な場合は、他の果物と混ぜて一緒に飲めばある程度苦さを緩和できます。

ノビレチン

ノビレチンとはフラボノイドの一種です。高血圧及び糖尿病に影響する諸症状の改善効果があるとされています。

そんなノビレチンは柑橘類に多く含まれており、中でもシークワーサーに多く含まれています。

シークワーサーは近年流行している果物であり、シークワーサージュースなどは市販されていることが多いので入手は容易です。基本的に1日にコップ1杯程度を飲み続ければ改善効果を得られます。

血糖値を下げる玉ねぎ酢・しょうが酢の作り方

血糖値を下げる玉ねぎ酢としょうが酢はほんの少しの手間で簡単に作ることができます。ここでは、そんな玉ねぎ酢としょうが酢のレシピを作りましょう。

玉ねぎ酢のレシピと効能

玉ねぎには「イソアリイン」と呼ばれる成分が含まれています。これはインスリンの分泌を手伝ってくれる作用があり、同じく酢には血糖値の上昇を抑える効果があるとされています。

この2つを組み合わせた玉ねぎ酢はそのまま食べられるだけではなく、調味料として料理の味を引き締める事もできます。

そんな玉ねぎ酢のレシピは玉ねぎ1個に大さじ5杯のお酢、そして少々の塩と大さじ2杯の蜂蜜で作れます。薄くスライスした玉ねぎにお酢と塩とはちみつを混ぜたものを入れ、容器に保存して冷蔵庫で半日寝かせれば完成です。

この時、玉ねぎを水で洗うと有効成分のイソアリインが抜けてしまうので水洗いは厳禁です。

しょうが酢のレシピと効能

しょうがも糖尿病予防に高い効果があります。「ジンゲロール」と呼ばれる物質は脂肪を分解し、血糖値の上昇を抑えるとされています。なお、しょうがも玉ねぎ酢と同様に生で使用することになります。

そんなしょうが酢のレシピはしょうが1つにお酢、そしてはちみつと玉ねぎ酢とほぼ同じです。生姜はみじん切りにして後は同じくはちみつとお酢につけて半日寝かせれば完成です。

なお、玉ねぎもしょうがも加熱すれば他の健康効果を得られるため、糖尿病予防以外にも色々と役立ちます。

サプリメントなら手軽に摂れる

飲み物なので摂取するのは簡単ですが、仕事が忙しい方は毎日このような飲み物を用意するのは一苦労です。そこでおすすめなのが、血糖値改善サプリメントを活用すること。忙しくても、手軽かつ効率的に摂取することができます。ぜひ、試してみてください。

オリーブオイルが体に良いと言われているワケ

オリーブオイルは身体に良いと言われていますが、なぜ良いのでしょうか?

オリーブの成分

フランス人は肉や乳製品から多くの脂肪を摂取するにもかかわらず、他のヨーロッパ諸国に比べて心血管疾患による死亡率が低い。これはフレンチパラドックスと呼ばれ、その理由として赤ワイン中のレスベラトロールが注目されている。同様にオリーブオイル生産量が世界1のスペインと3位のギリシャも、心血管疾患による死亡率が低く、オリーブオイルの機能性との関連が予想される。このように,食文化と疾病予防は密接な関係にある。しかし、オリーブは単なる人の疾病の予防・改善効果だけでなく食品の品質保持や家畜の繁殖力向上などへの活用も期待できる。

出典:『多様な有効活用が可能なオリーブ成分』  筑波大学生命環境系生命環境科学研究科・食機能探査科学分野(教授)
http://www.sbj.or.jp/wp-content/uploads/file/sbj/9103/9103_biomedia-5.pdf

このことから、オリーブオイルには、様々な良い影響を私たちの身体に与えてくれるということがわかったのです。

オリーブオイルは血糖値を上げる?下げる?

オリーブオイルは、血糖値の改善にも役立つと言われています。その理由は、オリーブオイルがインスリンの働きを助けてくれるからなのです。ブドウ糖が血中に増えすぎてしまうと身体に悪影響を及ぼしてしまう可能性がありますが、ブドウ糖自体が悪いものではないのです。ブドウ糖は、人間が動くためには必要不可欠の成分です。例えば、1回の食事で摂取する糖質の量が多いと、インスリンの分泌量が間に合わなかったり働きが鈍くなることがあります。こうなると、血糖値を下げるまでに時間がかかってしまうので、血糖値が高い状態が長く続き、結果的に体には良くない状態が続く…ということになります。こういったときに、オリーブオイルを摂取すると、前述した通り、オリーブオイルにはインスリンの働きを助ける効果があるので、結果的に血糖値を正常化してくれるのです。

毎日使う油をオリーブオイルに変えるだけでも効果がある?

毎日使う油をオリーブオイルに変えるだけでも効果はあります。しかし、オリーブオイルはキャノーラ油やサラダ油に比べて、値段が高いので、少量使う料理にオススメです。もちろん、揚げ物など、大量に油を使う料理にオリーブオイルを使いたい場合は、使ってもOKです。オリーブオイルには、動脈硬化で起こる循環器疾患のリスクを減らしてくれる効果があるだけでなく、抗酸化があり、血糖をコントロールしてくれるポリフェノールがたっぷり含まれているので、身体にとってとても良い油なのです。 オリーブオイルを効率的に摂るための代表的な例が「サラダ」です。あなたはサラダを食べるとき何をかけて食べていますか?マヨネーズ?ドレッシング?今はヘルシーなマヨネーズやオリーブオイルが市販されるようになってきましたが、通常はかなり油を使って作られています。例えば、ダイエットをしたいとサラダを食べている人が、油たっぷりのドレッシングを使うと、油の過剰摂取になりかねません。これではダイエットにはなりませんよね。よりヘルシーに、より健康的に食べるためには、オリーブオイルの手作りドレッシングが一番良いのです!

食事に取り入れやすいオリーブオイル

毎日の食事にオリーブオイルを取り入れるには、「サラダ」がぴったりと書きましたが、では具体的な作り方はどうなのか?本当においしいのか?という点についてまとめました。

オリーブオイルドレッシングの作り方

材料

  • レモン汁大さじ3
  • 醤油大さじ1
  • オリーブオイル大さじ1
  • 砂糖小さじ1
  • 塩コショウ適当

材料はこれだけです。どこのご家庭にもあると思うので、「作りたい!」と思ったらすぐに作ることができますね。

作り方

オリーブオイル以外の調味料を混ぜ、最後にオリーブオイルを少しずつ馴染ませていきます。 この時、オリーブオイルを一気に入れてしまうと、混ざりにくくなってしまうので注意してください。

「サラダを食べたい!」と思ったときに、新鮮なドレッシングが家で作れるのは良いですよね。オリーブオイルドレッシングはとても健康的なので、ぜひ試してみてくださいね!

お酒の血糖値を上昇させる間接作用

お酒というとカロリーが高いイメージがあるので、アルコールを飲むと血糖値が上がってしまうと思っている人は、とても多いのではないのでしょうか。 また、お酒の種類の中でも、糖質を含んでいる日本酒やビールなどは血糖値を上昇させてしまいますが、ウイスキーや焼酎などの蒸留酒は糖質を含んでいないので、血糖値の上昇を気にしないでも大丈夫と思っている人もいるでしょう。 これは実は間違いなのです。 アルコールを飲んだからといって、一気に血糖値が上昇するというわけではないのです。意外と思われるかもしれませんが、アルコールが体内に入ると、人の体というのは低血糖の状態になるのです。 アルコールが体内に入っていくと、肝臓の解毒作用によって、アルコール分が分解されていきます。肝臓ではそれ以外にも、食べ物などからとった栄養をエネルギーとして代謝したり、一時的に蓄えておく働きもあります。 アルコール分解している時は、エネルギー代謝機能が低下しているので、体にエネルギーを供給することができにくく、体内の血糖値も低下することになります。 アルコール自体に栄養はないのですが、一緒に食べた食べ物の栄養が体に吸収されます。飲酒をすると食欲が増進するので、飲酒した際に食べ過ぎてしまうと血糖値が上昇してしまい、高血糖となってしまうのです。 お酒というのは、直接的ではなく間接的に血糖値を上昇させる作用があるのです。お酒の量と共に、一緒に食べる食事の量や質を注意することが大切です。

糖質を含まないアルコール飲料

毎晩帰宅後の一杯を楽しみにしていた人が、血糖値を気にしてアルコールを控えるとなったら、かなりの衝撃ではないでしょうか。晩酌を楽しみに、昼間の家事や仕事を一生懸命頑張っていたのに、もしご褒美がなくなってしまうとなると、昼間の家事や仕事にやる気がでなくなってしまうかもしれませんよね。 血糖値が気になる人は、全ての種類のおアルコールを控えなければいけないということではないのです。血糖値に気をつけている人でも飲むことが出来るアルコールがあるので、種類に注意して選んでください。 糖質を含まないアルコール飲料は、ウイスキー、甲類焼酎、ジン、ウォッカ、ブランデーなどの蒸留酒になります。どれもアルコール度数が高いものばかりなので、糖質が入っていない炭酸水などで割ると飲みやすくなります。 次に、ワインも糖質が低めです。赤と白だと赤ワインの方が若干糖質が低めなので、より糖質を気にする場合は赤ワインを選びましょう。ただ、糖質がゼロということではないので、くれぐれも飲み過ぎには注意が必要です。そして、甘口と辛口であれば、甘口の方が糖質が高くなっています。何種類もあるワインの中からを選ぶのであれば、より辛口の赤ワインの方が糖質が低いので、ぜひ参考にしてください。 その他、梅酒や日本酒、ビール、発泡酒などは、残念ながら糖質が高いお酒です。どうしてもビールが飲みたい人は、糖質ゼロビールは糖質ゼロの発泡酒などを選ぶようにしましょう。ビール党の方でも十分に美味しく頂ける発泡酒もたくさん販売されていますよ。

赤ワインの効果

ワインには、ポリフェノールが含まれていて、血糖値を下げて糖尿病の改善効果が期待できます。 ・特に赤ワインに豊富に含まれているポリフェノールが、インスリンの分泌を抑えるので、血糖値が上昇するのを防止してくれます ・夕食の時に、グラス1杯程度のワインを飲むことで、血糖値を下げる効果が発揮されます。 ・炭水化物を含む食品を食べると血糖値は上昇してしまうのですが、ワインを一緒に頂くことで抑えることができます。 赤ワインと白ワインでは、赤ワインのほうが糖質が低めなので、血糖値を気にされている方は安心して飲むことができます。しかし糖質がゼロというわけではないので、飲みすぎは禁物です。また、ワインの中でも甘口、辛口がありますが、甘口ワインのほうが糖質はやや高めです。お酒を選ぶ際に気を付けるポイントにしましょう。 赤ワインのポリフェノール同様、血糖値を下げる成分として近年注目されているのがイヌリンです。イヌリンは、菊芋やゴボウ、ニラなどに多く含まれます。水溶性食物繊維の1つで、消化されることなく小腸にとどまるので、糖質の吸収抑制作用があります。イヌリンのおかげで吸収されなかった糖質は、そのまま体外に排出されるため、血糖値が上がることを防ぐことができるのです。 菊芋という食物はあまり聞き慣れないので、いざお料理に使用するとなると、どう調理していいか悩んでしまうかもしれません。じゃがいもやゴボウを使用する料理を、菊芋に置きかえるだけで簡単にできます。赤ワインと一緒にいただけば効果もアップするので、嬉しいですね。食べ物だけからイヌリンを摂取することが難しい場合は、サプリをうまく併用するのがおすすめです。大切なことは、毎日継続して摂取し続けることです。
決定版!血糖値に効果のあるサプリメント徹底比較 詳しく見る