HOME » 運動で改善!血糖値を下げる方法

運動で改善!血糖値を下げる方法

血糖値下げるのに、効果的な運動とは?

このページでは血糖値を下げるために効果的な運動に関する情報や、注意すべき点についてご紹介していきます。

食事や生活習慣とともに、日常的に運動を行うことは、血糖値の減少に大きな効果が望めます。血行や血流の活性化や、体内の糖質の消費といった直接的な効果はもちろん、ストレス軽減によって血糖値の上昇を抑制するといった間接的な効果も期待できるのです。

ただし、それまで日常的に運動をしていなかったという方が、いきなり激しい運動をするのはNGです。それこそ、却って血糖値が上がってしまうという逆効果にもなりかねません。

特に、40代以上でスポーツに対しての知識を持ち合わせていない方は、運動は激しいほど効果があると誤解してしまっているケースが多いようです。ぜひ、正しい知識を身につけておいてください。

一番手軽に始められるのは、30分程度のウォーキング

血糖値を下げるのに一番効果的とされるのは、全身を動かす有酸素運動とされています。ランニングやエアロバイクを含む自転車、水泳、縄飛びなどがその代表格です。しかし、それまで運動習慣の無い方がいきなりランニングをするのはNGです。

膝や股関節を痛めたり、筋をおかしくしたりするリスクがあるうえ、逆に血糖値を上げてしまうことも考えられます。また、そうした激しい運動は、長続きしない要因にもなるのです。

無理なく始められるのは、1回30分程度のウォーキングです。特別な用具などは必要なく、今日からすぐ始められます。ポイントとしては、無理のない範囲でなるべく早足で歩くこと。

ダラダラ歩くよりも効果があります。タイミングとしては食事の前よりも、食事の後にに少し時間をおいたタイミングがよいでしょう。

また、プールで水中歩行したりエアロバイクに乗ったりするのも効果的です。そうして、徐々に運動に慣れてきたら、運動のレベルを上げていきましょう。運動は無理せず長く続けることが大事です。

なかなか時間が取れないという場合は、帰宅の際に隣駅で降りて歩くといった工夫を行ったり、雨の日には体操やストレッチなどを行ったりするのも効果的です。

筋力トレーニングも効果あり

ウエイトトレーニングや腕立て伏せ、腹筋などの筋力トレーニングも、血糖値の減少効果があります。筋力トレーニングを行うと、筋肉から酵素が分泌。この酵素が血中の糖分を運んでくれる働きがあるのです。

ただし、有酸素運動よりは多めに行う必要があるので、ハードルはやや高いと言えます。少しずつ無理なく始めていくようにしましょう。

有酸素運動や筋力トレーニングなどの運動は、血糖値の改善に大きな効果が期待できます。しかし、現実問題として、仕事や家庭環境などで、習慣化するのはなかなか難しいもの。

そうした場合でも血糖値を下げるサプリメントを使用すれば、手軽で効果的にケアすることができます。血糖値を下げる大きな味方となってくれるはずです。

決定版!血糖値に効果のあるサプリメント徹底比較 詳しく見る