【本当によい血糖値サプリ】徹底比較!

ひと口に血糖値を下げるサプリといっても、その内容は実に様々です。選ぶべきポイントは、ズバリ血糖値をコントロールするために「有効な成分が配合されていること」と、継続して利用するために「コストパフォーマンスがよいこと」。そんな厳選サプリの調査結果を公開します。

~業界初のトリプルサポートを実現!最強コスパの血糖値改善サプリ~

イヌリンプラス

イヌリンプラス
引用元:イヌリンプラス公式通販ページ
https://www.looklook.co.jp/product/ilp100.html

成分

【糖の吸収を抑える】
サトウキビ由来イヌリン菊芋由来イヌリンナットウキナーゼ

【インスリンを活性化する】
玉ねぎ乳酸菌

【糖の分解を抑える】
サラシア桑葉

1か月分の価格 4,752(税込)
1日分の価格 158.4(税込)

公式サイトでもっと詳しく

口コミ

50代
男性

炭水化物やお菓子の我慢に
イライラ…

そんなとき、ネット検索でこれを見つけ『ものは試し』という感じでしたが、実際に効果がでて驚きました。今では好きなものを我慢せずに食べられる幸せを噛み締めています。

40代
女性

食事制限を見かねた
友人が…

このイヌリンプラスを勧めてくれました。今では血糖値自体も落ち着き、体調も安定するようになり、以前のように食事会への参加や日々の食事を楽しむことができています。

40代
男性

元々甘党で炭水化物も
大好き…

なかなか止められず、案の定健康診断で引っかかりました。そんな時同僚に勧められたのが、このサプリです。1日あたり128円という身近さで、好きなものが食べられるというのはありがたい限りです。

イヌリンプラスについて公式サイトでもっと詳しく


イヌリンプラスの成分特徴はこちら>>

~サラシア由来サラシノールで血糖値を制御する~

ヘルスエイド&サラシア

ヘルスエイド サラシア
引用元:森下仁丹オンラインショップ
http://healthaid.jintan.jp/product/product10.html

成分

【糖の吸収を抑える】
サラシア由来サラシノールサラシアエキス

【インスリンを活性化する】
記載なし

【糖の分解を抑える】
サラシア由来サラシノールサラシアエキス

1か月分の価格 4,860(税込)
1日分の価格 162(税込)

公式サイトでもっと詳しく

口コミ

40代
女性

長年、
間食に甘いものを…

仕事がデスクワークなのですが、その合間にチョコやキャンディーなどを長年食べ続けて血糖値が…。こちらを試してみたところ、血糖値はもちろん、体調全般を整えてくれています。

50代
男性

不規則になりがちな
食生活のため…

外食やコンビニなどで炭水化物系に偏っていたため、血糖値が上がってしまいました。このサプリと野菜なども取るようにしたところ、数値は改善されていき安心しました。

60代
女性

お医者さんに「このままでは危険」と忠告され…

サプリを探してみたところ、森下仁丹という歴史あるメーカー製という点に惹かれました。キチンと効果も出たので、精神的な不安がかなり減りました。感謝しています。

ヘルスエイド サラシアについて公式サイトでもっと詳しく


ヘルスエイド サラシアの成分特徴はこちら>>

~インスリンを活性化させる成分・ピニトールを豊富に配合~

グラシトール

グラシトール
引用元:アグリ生活毎日健康ショップ
https://agri-life.jp/str/order/glacitol

成分

【糖の吸収を抑える】
記載なし

【インスリンを活性化する】
ピニトール

【糖の分解を抑える】
記載なし

1か月分の価格 4,916(税込)
1日分の価格 163.87(税込)

公式サイトでもっと詳しく

口コミ

40代
女性

ダメ元で
試してみると…

健康診断で血糖値の高さを理由に食事制限を課せられ、イライラしていました。そんな時にこれを試してみたところ、食事を楽しみながら血糖値が改善でき、以来ずっと愛用しています。

50代
男性

同じ症状を抱えている
同僚から

血糖値改善に効果があったと勧められました。実際に服用を始めると血糖値は下がり、また身体の調子もだんだんと良くなっていくことが実感できました。同僚に感謝です。

50代
女性

雑誌の記事で
興味を持ち…

モンド・セレクション金賞なら試してみようという気にさせてくれました。それまで利用したものは効果が出ませんでしたが、こちらはちゃんと血糖値を下げてくれたので満足です。

グラシトールについて公式サイトでもっと詳しく


グラシトールの成分特徴はこちら>>

~サラシアをはじめとする健康成分で血糖値を改善~

メタバリアスリム

メタバリアスリム
引用元:FUJIFILMオンラインショップ
http://shop-healthcare.fujifilm.jp/supplement/products/metaslim.html

成分

【糖の吸収を抑える】
食物繊維赤ワインポリフェノール茶カテキンサラシア由来サラシノール

【インスリンを活性化する】
記載なし

【糖の分解を抑える】
サラシア由来サラシノール

1か月分の価格 4,935(税込)
1日分の価格 164.5(税込)

公式サイトでもっと詳しく

口コミ

40代
女性

体質的に食後の血糖値が
上がりやすいので…

これまでもギリギリの数値でしたが遂に一線を超えてしまいました。糖尿病へ進まないよう、メタバリアスリムを試してみたら、キチンと効果が出てくれて助かりました。

30代
女性

血糖値が上がると
腫れ物が…

ニキビのような腫れ物がお尻にできてしまうことに悩まされていましたが、これを試してみたら、ケーキなどを食べても腫物が出なくなりました。もっと早く飲むべきでした。

40代
女性

夫の体質改善に
大きくプラス

いわゆる中年太りと血糖値の両方を改善しようとこれを飲ませ、また出す食事にも気をつけたところ、約1年で体に変化が現れ出しました。これからも続けさせるつもりです。

メタバリアスリムについて公式サイトでもっと詳しく


メタバリアスリムの成分特徴はこちら>>

~糖を燃焼・消費させることで血糖値を改善するサプリ~

糖ダウン

糖ダウン
引用元:ALApromo公式ショップ
http://www.5-ala.jp/shop/g/g2155/

成分

【糖の吸収を抑える】
記載なし

【インスリンを活性化する】
アミノレブリン酸リン酸塩(ALA)※厳密には糖を燃焼させ消費しやすくする成分。

【糖の分解を抑える】
記載なし

1か月分の価格 5,292(税込)
1日分の価格 176.4(税込)

公式サイトでもっと詳しく

口コミ

40代
男性

これまでのサプリは
不満でしたが…

これは1日1回飲めばよく、また血糖値改善だけでなく、身体全体のだるさがなくなり、軽快に動けるようになった点がよかったです。仕事も意欲的にできるようになりました。

50代
女性

甘いもの好きの
運動嫌いで…

気がつけば血糖値がまずいことになっていました。そんな時に友人から勧めてもらい飲んだところ、不思議と甘いものが欲しくなくなり、ウォーキングも苦にならなくなりました。

40代
男性

食事制限を
覚悟しましたが…

健康診断の結果、食事制限が頭をよぎりましたが、家内がこれを探してくれ飲み始めたところ、3ヶ月程で血糖値が大きく改善し、階段なども以前より楽に上れるようになりました。

糖ダウンについて公式サイトでもっと詳しく


糖ダウンの成分特徴はこちら>>

特 集

今注目の菊芋とイヌリンの効果を徹底リサーチ

近年、血糖値の抑制や糖尿病の予防、さらにはダイエットなどの効果が注目されている菊芋をご存知でしょうか?レシピサイトで見られるようになったものの、まだまだじゃがいもや玉ねぎなど、お馴染みの食材程には知られていないのが現状です。ここでは、そんな菊芋について特集。血糖値抑制や糖尿病予防などに、正しくお役立てください。

手軽に摂るなら!おすすめ菊芋サプリを比較

年々種類が増えている血糖値を抑えるサプリメントの中でも、菊芋を主成分としている製品が見られるようになりました。ここでは、それらの中で品質が高く、効果が期待できるものをピックアップ。それぞれの特徴や含有成分、実際に利用した方による口コミ、さらにはコストパフォーマンス面から比較検証してみました。

詳しく見る

美味しく食べるなら!菊芋のレシピを紹介

血糖値によい食材の菊芋ですが、実際に調理するとなると、どうしていいか分からないという方も多いのではないでしょうか?ご安心ください。そんなに難しく考える必要はありません。例えば、じゃがいもの代わりや、ごぼうの代わりに菊芋を使うといったレシピがあります。ぜひ楽しみながら、チャレンジしてみてください。

詳しく見る

【徹底解明】菊芋に含まれる「イヌリン」のすごさとは

菊芋が血糖値の改善効果を発揮するのは、主成分であるイヌリンという水溶性食物繊維のおかげです。イヌリンは、消化されずに小腸に滞留することで、糖質の吸収を遅くします。また、イヌリンによって吸収されなかった糖質は、そのまま排出されるので、結果的に血糖値の上昇を防ぐという働きをするのです。

詳しく見る

菊芋の効果は?実際に体験した方の声を紹介

菊芋が血糖値改善や糖尿病予防によいと分かっていても、はじめの一歩を踏み出すまでには、躊躇する方も多いことでしょう。このページでは、実際に菊芋に含まれる成分「イヌリン」を含有するサプリを使用して、その効果を検証してみました。果たして血糖値は改善されたのか?ぜひ参考にしてください。

詳しく見る

なぜ血糖値が高いと危険なのか

血糖値が高くなると、糖尿病にかかるリスクがあがります。そして糖尿病になってしまうと様々な影響があります。しかも糖尿病は1度かかってしまうと治りませんので、糖尿病になる前に高血糖の状態を改善する必要があります。

もし糖尿病になってしまうと糖尿病は動脈硬化を促進させてしまうので、心筋梗塞や脳梗塞など人命にかかわる病気にかかるリスクが高くなります。特に肥満の人は動脈硬化になりやすいので気をつける必要があります。

また、血糖値が高い状態ということは代謝に異常がある状態です。高血糖の人は脂質異常が多く見受けられます。過剰な血糖は炎症を起こしたり血管に様々なトラブルを生じさせたりすることになり危険な状態であると言えます。

もし血糖値が高いという診断を受けた場合には、血糖値を下げるような対応をする必要があります。

血糖値を下げるためには、血糖値の上昇を抑えるサプリやイヌリン、菊芋などの使用や食事療法が考えられます。

糖尿病の特徴と治療方法

糖尿病の特徴として肥満になる方が多いです。暴飲暴食は糖尿病を促進させてしまいます。このようなことから糖尿病の治療として医師からのカロリー制限が課せられることがあります。

症状がある一定以上進んでいる場合は、徹底的に対処する必要があるため入院して体重を落とす場合もありますが、多くの場合は一日の摂取カロリー制限値を決めての食事療法がとられます。また、日本糖尿病協会が提示している食品交換表が利用されることもあります。

食事療法としてイヌリンや菊芋を使用したり、血糖値を下げるためのサプリを使用したりすることもあります。次に運動療法が考えられます。糖尿病になってしまう原因として運動不足があり、糖尿病を予防したり改善したりするためには適度な運動が不可欠です。

適度な運動をすることは、先程あげた肥満の改善にも繋がります。さらに運動をすることはインスリンの効果を高めるという高価も認められています。糖尿病はインスリンの働きの低下で引き起こされる場合もあるので、インスリンの効果を高める運動は、糖尿病の改善に効果があると言えます。

血糖値があがることを抑えるために薬物療法を行う場合もあります。かなり血糖値があがってしまい早急に血糖値を下げる必要がある場合に薬物療法は効果的な対処方法です。糖尿病患者に対して医師から処方される薬は、大きく分類すると基本的にα-グルコシダーゼ阻害薬、スルフォニル尿素薬、インスリン抵抗性改善薬の3種類に分けられます。

糖尿病の予防方法

糖尿病の原因として考えられるのがストレスからくる暴飲暴食や運動不足による肥満など、日常生活の乱れからくるものです。このようにライフスタイルが乱れることのないように、規則正しく規律が取れた生活を送ることが、糖尿病の予防に繋がります。

血糖値があがってしまった場合は、血糖値を下げるために食生活の見直しをしてみましょう。サプリやイヌリン、菊芋の摂取も効果的です。

基本的な考え方は必要以上のエネルギー、カロリーを摂取しないことです。人間が生きていくためにカロリー摂取は必要なことですが、必要以上のカロリー摂取は身体にとって逆に害となってしまいますので注意するようにしましょう。尚、糖尿病にとって良い食品、悪い食品というものは基本的にありません。

どのような食品でも食べ過ぎは身体にとって害となりますので日頃から適度な摂取を心がけましょう。嗜好品については少量でもよくありませんので、できれば避けたいものです。適度なカロリーの範囲内で、バランス良くタンパク質や脂質、ビタミン、ミネラルなどのエネルギーを摂取することがとても大切です。

適度な運動も糖尿病の予防になります。仕事が忙しい等の理由でなかなか運動する時間がとれないという方は日常に運動を取り込むことを考えてみましょう。通勤時はひとつ前の駅で降りて歩く距離を長くする、エレベーターやエスカレーターはなるべく使用せず階段を使うなどちょっとした工夫で運動する場面を作ることはできます。過度な運動をする必要はありません。食事についてもそうですが、まずは日常の生活を見直すことから始めてみましょう。ちょっとした工夫が血糖値を抑えることになり、糖尿病の予防に繋がります。

血糖値が高いと体ではソルビトールが悪い働きをする

血糖値が高いというのは、血液内のブドウ糖が多い状態を指します。ブドウ糖は細胞の代謝に必要ですが、増えすぎてしまうと代謝しきれなかったブドウ糖が余ってしまい、別の成分であるソルビトールへと変換されてしまいます。正常な代謝においてもソルビトールは生成されますが、少量の場合はすぐに果糖として代謝され、体への影響はほとんどありません。しかし、ソルビトールが大量に生成されると果糖への代謝が追い付かず、体に悪い働きをするようになります。

ソルビトールが及ぼす体への影響は、血管壁の非弱化が挙げられます。代謝しきれなかったソルビトールが細胞内に貯まり、細胞を傷つけるのです。血管壁の外側が強くなり補強されるのではなく、血管壁の内側が厚くなるため、中性脂肪やコレステロールが付着しやすくなります。また、ソルビトールは血管だけでなく神経も傷つけるため、手足の感覚や異変に気付きにくく、取り返しのつかない症状に陥ることもあります。

血糖値が高いと動脈硬化を招くリスクも有る

血糖値が高いと、ソルビトールが代謝しきれずに細胞内に貯まることは前述しましたが、その結果動脈硬化を招くリスクもあります。動脈硬化は、脳梗塞や心筋梗塞など命にかかわる病気の引き金となるため、注意する必要があります。血糖値が高いと血液がドロドロとしているので、健康な状態の血管の中でも血流が滞る可能性がありますが、血管壁が厚くなると余計に血流の流れが悪くなり、詰まるリスクが高まります。血糖値を下げるために、血糖値を抑えるサプリを飲んだり、適度な運動をしたりすることが大事です。

血糖値を下げる作用があると注目されている成分にイヌリンがあります。菊芋に多く含まれている成分で、健康的に血糖値を抑えられる高い評価を得ています。調理して食べることも可能ですが、普通のスーパーでは手に入りにくい食材であるため、菊芋のサプリを飲むのがおすすめです。そのほかにも、お酒やたばこを控えたり、毎日の食生活に気を使ったりすることも大切です。

糖尿病だけじゃない高血糖が原因で掛かる可能性がある病気

高血糖によってかかる病気としては、糖尿病が知られていますが、それ以外にもたくさんの病気を引き起こす可能性があります。また、糖尿病が様々な病気の引き金にもなります。

高血糖によって起こる病気は、脂肪の代謝が妨げられることによる脂質異常症やメタボリックシンドローム、高血糖により骨芽細胞が増えにくくなるため骨粗鬆症があります。また、視力低下や失明に繋がる網膜症、肺結核や尿路感染症、皮膚感染症などにかかりやすくなるため、体調管理をしっかり行う必要があるでしょう。

このような、高血糖により病気のリスクを避けるためにも、普段から自分の血糖値に気を配り、きちんとコントロールすることが必要となります。野菜や魚を中心にして肉を控えたり、調理方法も茹でたり蒸したりするのをメインにし、揚げ物や炒め物は極力避けるのが無難です。運動に関しては最低週3回、ウォーキングやジョギング、ストレッチなど、軽く汗をかく程度の有酸素運動を行うのがおすすめです。

どうやて血糖値を測ればいいの?

血糖値を測定する一般的な方法は、病院で計測してもらうもので、採血と尿検査の2種類の方法があります。血糖値は食事によって大きく変動するため、空腹時に測定するのが好ましいとされています。そのため、病院で計測する前日の夜は食事を摂ってはいけないなど、食事制限をされることがほとんどです。また、経口ブドウ糖負荷試験という測定方法もあり、75グラムのブドウ糖を飲み、血糖値の変動を測定します。

血糖値の測定は、病院だけでなく自宅で行うことも可能です。血糖値が高いのではと気にしている人や、すでに糖尿病だと診断されている人が、毎日の血糖値を把握するのに役立ちます。家庭用の血糖値測定器を使って計測しますが、近年は制度も高まっており、病院で測定するのとほぼ同じような測定結果を得られるようになっています。測定方法は、指先に針を指して微量の血液を採取し、血糖値を測定するという方法です。誰の手も借りずに、手軽に測定できるのがメリットです。

血糖値測定器とは何か?

血糖値測定器とは、病院で使用されている測定器の簡易版です。ISO(国際標準化機構)によって精度の指標も厳しく定められており、精度の高い測定ができるようになっています。

血糖値測定器は、本体のほかに穿刺器具、穿刺針、センサーという3つの道具も必要です。本体は、血糖値測定の根幹となる部分で、色々なメーカーから販売されています。穿刺器具は、血糖値を測定するための採血をする道具で、ペン型が主流となっています。穿刺針は穿刺器具に装着する針で、感染症を防ぐためにも1回ごとに新しい物に変えるのがベストです。センサーは、本体に装着して針を指した指の部分から血液を吸い取る道具で、本体の機種によって対応するセンサーが異なるため注意が必要です。また、センサーには使用期限があり、期限を過ぎると正確に測定できなくなる可能性があります。

近年は針を刺さないタイプの血糖値測定器も販売されており、針を刺すのが苦手な人に朗報となっています。

血糖値測定器の正しい使い方

血糖値測定器の正しい使い方は、まず針を穿刺器具にセットします。そして、血糖値即敵にセンサーをセットし、消毒液で針を刺す部分を消毒します。消毒液が乾いたら、穿刺器具で穿刺した後センサーで血液を採取し、測定結果が出るまで数秒間待ちます。数値が表示されたら完了です。

針を刺さないタイプの血糖測定器は、まずスタンプのような器具を使ってセンサーを上腕部に装着します。センサーは、最長14日間装着でき、入浴も可能です。つけていることに違和感も覚えず、寝返りも自由に打つことができます。次に、本体をセンサーにかざすと、血糖値を測定できます。

自分で血糖値を測定するメリットは、日々の血糖値の変動を見ることができ、高血糖の治療に役立てることができることです。測定する時間によって数値が大幅に変わるため、血糖値のふり幅を知っておくことも大切になります。毎日の生活における血糖値の変動を把握し、医師に伝えるようにしましょう。

血糖値測定器の購入方法と価格

血糖値測定に必要なものは、血糖値測定機本体、穿刺器具、穿刺針、センサーがありますが、ドラッグストアやインターネットで購入することが可能です。しかし、センサーはインターネットで購入することができません。料金は、本体が1万円から1万5000円、穿刺器具が2000円ほど、穿刺針が25本で500円、センサーは100枚で1万円から1万5000円ほどが相場となっています。

針を刺さないタイプの血糖値測定器は、本体が7000円から1万円、2週間使えるセンサーが7000円から1万円が相場です。針を刺すタイプも、刺さないタイプも、セットとして揃えると1万5000円ほどかかるといえます。自分に合ったタイプを購入すると良いでしょう。

どうやって選ぶの?血糖値測定器の選び方

血糖値測定器を選ぶ時のポイントは、少ない検体量で測定できるものがベストです。痛みの強さは、針の太さではなく針が刺さる深さだとされているため、針の刺さりが浅く少量の血液で測定できる機会を選びましょう。次に、指先以外から検体を採取できる測定器もおすすめです。指先は痛みを感じやすい部位でもあるため、痛みのために測定するのが嫌になることもあるでしょう。別の部位から検体を採取できる機種なら、苦痛を和らげることも可能です。そして、測定にかかる時間が短いことも、毎日続けるには大切な要素となります。その他にも、記録容量が大きい測定器は、長期的データを記録際に便利です。手軽さと正確さを兼ね備えた血糖値測定器を選ぶのが賢明といえるでしょう。

こんな人は要注意!高血糖値の人に見られる症状3選

血糖値が高くなった場合によく見られる症状3選を下記にご紹介いたします。血糖値を下げるサプリや抑えるイヌリン、菊芋などについてもご説明いたします。こんな症状がある方は要チェックです。もし下記のような症状がある方は一度、病院で検査を受けられるとよいかもしれません。

1.喉の渇き

血糖値が高くなると血糖値を下げるために身体の中の水分を多量に使用してしまい、脱水状態に陥ります。このような状態になると喉の渇きを強く感じるようになります。これは血糖値の上昇により、腎臓からブドウ糖と水分が尿として排泄されてしまうために体内の水分が不足してしまうためです。

のどの渇きではなく、口の中の粘りを訴える方もいらっしゃいます。喉の渇きがたくさん飲み物を摂取する多飲に繋がり、その結果、トイレに行く回数が増えるという悪循環が生じてしまいます。このような状態になることを避けるために血糖値の上昇を抑えることはとても大切で、血糖値が高めの方はサプリやイヌリン、菊芋を日頃から摂取しておくとよいでしょう。

2.排尿回数が増える

高血糖の代表的な症状として、昼夜を問わず排尿回数が増えるというのがあります。排尿が多くなる原因は、血糖値の上昇により、血液中のブドウ糖を水分とともに尿として排泄しようと腎臓がするためです。

身体に必要な栄養であるブドウ糖は、通常は尿で排出されることはありません。しかし高血糖のために血液中のブドウ糖が多くなりすぎると腎臓はブドウ糖を多量の水分と一緒に尿として排出するように働きます。これが結果的に排尿回数の増加に繋がります。

ただ単にトイレの回数が増えるだけではなく、頻尿には心不全や糖尿病などの危険性もあります。このような状態になることを避けるために血糖値が高い場合は下げる必要があります。血糖値の上昇を抑える効果のあるサプリ、イヌリンや菊芋の摂取も効果的です。

3.体重の減少

血糖のコントロールがよくないと太る、肥満というイメージがあるかもしれませんが、体重が大幅に減ることがあります。

この症状はインスリンの働きが悪化することにより、食事からとった糖質や炭水化物を自身のエネルギーとして利用できなくなってしまい、結果的に自身の脂肪や筋肉のタンパク質を分解して、それをエネルギーとして利用してしまうことにより起こります。

自身の身体を形成している重要な成分を分解、消費してそれをエネルギーとしている状態なので、体重減少以外のリスクも大きく非常に危険な状態です。もしこのような状態に陥った場合は血糖値を下げる、または血糖値の上昇を抑えるサプリを飲む、イヌリンや菊芋などの使用等の対応を早く行うことが必要です。

血糖値は正常値を保つことが大切!

血糖値が高くなると健康に関する様々なリスクがあるため、日頃から血糖値を正常に保つことはとても大切です。

もし血糖値の値が高くなってきた場合は早めに血糖値を下げるための正しい対応をとることが重要です。場合によっては日頃から血糖値の上昇を抑えるサプリの摂取や、意識的にイヌリンや菊芋を摂取することも有効です。暴飲暴食をせず規則正しい生活を送り、適度な運動をすることを日頃から心がけましょう。

暴飲暴食はストレスが引き金になることが多いので、なるべくストレスを溜めない生活を送ることも大切です。もし身体に不調を感じた場合は我慢せず、なるべく早めに医師による診察を受けましょう。このように日頃からの心がけが血糖値の上昇、さらには糖尿病の予防にも繋がります。

高血糖は糖尿病の原因となりやすいです。糖尿病は一度なってしまうと治すことができない病気なので、特に予防が大切な病気と言えます。糖尿病になることを防ぐためにも、血糖値を日頃から正常値に保つ工夫をしていきましょう。

お茶にすることで飲みやすくなる菊芋

菊芋は「奇跡の食品」として日本でも人気の高まっている野菜です。名前に芋がつくため、じゃが芋やさつま芋のなかまというイメージがありますが、黄色く美しい花を咲かせる多年草です。根の部分に、見た目がショウガのような形をした芋ができ、菊芋として食用されています。菊芋に含まれる成分の約60%はイヌリンで、これが菊芋を「奇跡の食品」の称号を得る源泉となっています。

では、イヌリンにはどのような効果があるかというと、ダイエットやデトックス、アンチエイジングなどの美容効果のほか、糖質の吸収を抑制したりインスリンの分泌を活発にしたりすることから、血糖値を下げる効果も認められています。そのほかにも、整腸作用やナトリウムの吸収抑制作用など、健康に良い様々な効果があるのです。糖尿病に治療や、腎機能の改善などに使用されることもあり、薬ではないものの、健康を向上させる食品として医学的にも注目されています。

そのため、菊芋は血糖値を抑えるサプリやダイエットサプリの原料としても使用されています。もちろん、菊芋を食品として食べることも可能ですが、たまに作るならまだしも、毎日の献立に組み込むのは大変です。そのため、手軽に飲めるサプリが重宝されているのでしょう。サプリ以外での摂取の仕方としてはお茶があり、香ばしくまろやかな味で飲みやすいと人気があります。お茶を飲む習慣がある人は、いつものお茶の代わりに飲んでみると良いでしょう。

簡単に作れる菊芋茶の作り方を覚えよう

近年は、菊芋の健康効果に注目して、自分で栽培する人も増えています。菊芋自体は土壌の栄養分をすべて吸い取るほど生命力が高く、育てるのは難しくありません。水はけがよく日当たりの良い場所に植えれば、勝手にどんどん育ってくれます。4月頃に植え付けをするのが適しており、2週間から3週間で芽が出ます。出来るだけ小さめの菊芋を選び、種芋として植え付けると良いでしょう。8月頃には1メートルほどの高さになり、10月には2メートルにも達するほどに成長します。収穫は12月頃で、大きなものは食用にし、小さなものは種芋として取っておくのが良いでしょう。

菊芋は、常温で保存するとカビが生えたり、干からびたり臭いが出るなど、保存するのが難しい野菜だと言われています。しかし、食べる分だけその都度畑から抜き取るようにすれば、それほど難しくはありません。土のついたまま新聞紙にくるみ冷蔵庫にれると、1週間ぐらい保存できます。一般的に低めの温度で保存するほうが、長持ちするようです。

また、菊芋は根の芋の部分のみに注目しがちですが、葉の部分も有効に活用することができます。芋の部分だけでなく、葉の部分にも栄養素が詰まっているため、菊芋茶として利用できます。購入するとティーバッグ40包が1200円から1500円ほどしますが、自分で作るとかかるのはちょっとした手間だけです。簡単に作れるので、上手に活用して健康な体を手に入れましょう。

1、菊芋の葉を軽く洗う

菊芋茶は、芋の部分ではなく葉の部分を使います。葉の部分にも、芋と同様にイヌリンが豊富に含まれているため、血糖値を下げる効果やダイエット効果などが期待できます。まずは、大きく育った葉を摘み取り、軽く洗うことから始めます。11月以降は葉が枯れ始めるため、8月から10月の間に採取するのが適切です。一度にたくさんつくるほうが楽なので、できるだけ多めに葉を収穫するのがおすすめです。

菊芋の葉の洗い方は、まず大きめのボウルを用意して8分目ぐらいまで水を張ります。その中に、収穫した菊芋の葉を入れてやさしく振り洗いします。最初の内はボウルの底にたくさんゴミがたまるので何度か水を変えて行い、振り洗いしてもゴミがたまらずきれいな水になったら完了です。上手に洗うためには、一度にたくさんの菊芋の葉をボウルの中に入れるのではなく、少しずつ洗うのがコツとなります。1回に洗う葉の量は、ボウルの3分の1程にとどめるようにしましょう。

2、乾燥させる

菊芋の葉を綺麗に洗ったら、次は乾燥させます。ざるの上に葉が重ならないように広げて、2日から3日の間天日干しします。湿気のない、カラッと晴れた日に行うのがおすすめです。しかし、夕方以降も干しっぱなしにしていると湿気を吸ってしまうため、夜は家の中に入れるほうが良いでしょう。

干す際には、菊芋の葉を置いたざるの上にネットを置いてホコリや虫をよけると清潔に茶葉を乾燥させられます。また、強い風が吹いた時に菊芋の葉が吹き飛ばされるのを防止できるので一石二鳥です。100円ショップなどに、干物を作るネットが販売されており、置いたままでなく吊り下げても使えるので便利です。地面に置いて乾燥させるとホコリやゴミが入りやすいため、少し耐場所に置いて乾かすのがベストです。時間があれば、たまに葉を裏返すなどして、まんべんなく日光が当たるようにすると良いでしょう。水分がなくなり、パリパリの状態にまで乾燥したら完成です。

3、パリパリになったら細かくして冷蔵庫で保存

乾燥させた菊芋の葉を細かく砕くと、菊芋茶のできあがりとなります。砕く大きさは、普通の茶葉ぐらいでも、粉々にすり潰してパウダー状にすることもできます。どちらでも、イヌリンの作用によって血糖値を下げたり、ダイエット効果を引き出したりすることができるでしょう。普通の茶葉と同じ大きさに砕いた場合は、緑茶と同じように熱湯を注いで5分程おいてから淹れます。パウダー状に細かくした場合は、お湯を注いで混ぜるだけです。パウダー状にしたほうが、菊芋の葉のクセが強い味となります。どうしても菊芋の葉の味に馴染めない場合は、緑茶やハーブティーとブレンドして飲むのもありです。

菊芋茶の保存方法は、密封した容器に入れて常温保存することもできますが、冷蔵庫に保存するほうが無難でしょう。量が多い場合は、冷凍保存も可能です。菊芋茶は湿気に弱く、湿り気を帯びるとかびてしまうことがあるため、使用したらすぐに密封し、しかるべき方法で保存するようにしましょう。

菊芋自体も癖がなくて食べやすい

菊芋自体も、ほんのり甘みがあり癖がなく食べやすい味なので、自分で調理して食べることもできます。菊芋は自分で栽培するほか、通販で購入することも可能です。菊芋の下処理としては、土を綺麗に洗った後スライサーで皮をむいて完了です。気にならなければ、皮もそのまま食べることができます。

菊芋は、じゃが芋の代わりにカレーや煮物にいれたり、天ぷらや炒め物にもできるほか、サラダにしたり、漬物にしても美味しく食べられます。菊芋の味を生かしたレシピもたくさんあるので、簡単なものをご紹介しましょう。

1.菊芋のきんぴら

材料は菊芋400グラム、砂糖大さじ3、しょうゆ大さじ3、すりごま大さじ3です。

まず、菊芋を綺麗に洗い輪切りにした後、更に細切りにします。次に、少量の油で炒め、全体的に油がまわったら砂糖と醤油を淹れます。最後にすりごまを加えて完成です。火を通しすぎず、菊芋をシャキシャキに仕上げるのがコツとなります。

2.菊芋チップス

材料は、菊芋適量と揚げ油、塩コショウです。

まず、菊芋を綺麗に洗った後、スライサーを使って薄切りにし、5分ほど水にさらしておきます。次に、揚げ油を鍋に入れて200度に熱し、キッチンペーパーなどで水気を切った薄切りの菊芋を入れます。きつね色になるまで揚げ、塩コショウを適量振って出来上がりです。

他にも、菊芋を使った美味しいレシピがたくさんあるので、自分なりの食べ方を探してみましょう。

積極的に摂りたい!血糖値を下げる成分

菊芋に含まれる「イヌリン」のほかにも、血糖値を下げる効果のある成分は、いくつかあります。ぜひそれらの成分について知識を深め、普段の食生活において積極的に摂取してみましょう。ここでは、主な8つの成分を詳しく紹介します。

食物繊維

大きく分けて「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」があり、重要なのは前者の水溶性です。体内でネバネバしたゲル状に変化することで、腸から血中に糖が吸収されるのを抑制してくれます。

イソアリイン

簡単に言えば玉ねぎの辛味成分です。インスリンの働きを活発にさせ、糖代謝を促すことで、血糖値を下げる効果をもたらします。ただし水に溶けたり加熱ですることで、成分が飛んでしまう特徴があります。

ナットウキナーゼ

その名の通り、納豆由来のネバネバ成分です。大豆の1.5倍もの水溶性食物繊維が含まれており、糖の吸収を抑制します。くわえて、血液をサラサラにして、血栓を予防する効果もある、優れた成分です。

サポニン

漢方薬では、咳や痰を和らげる目的で使用されています。腸内の糖吸収を抑制し、血液中の悪玉コレステロールの値を下げる効果や、吸収された糖が脂肪と結びつくのを防ぐ効果もあるとされています。

サラシア

インドや中国などで古くから医薬品として用いられてきたツル科の植物で、インドやスリランカ、そして中南米などに広く自生。研究によって、糖尿病や高血糖値、肥満予防に対する効果が証明されています。

デオキシノジリマイシン(DNJ)

桑の葉に含まれる成分で、利尿作用によるむくみ減少や、ダイエットに効果があるとして、女性には密かな人気となっていました。そして近年は、腸内の糖分吸収を抑制する効果にも、注目が集まっています。

ポリフェノール

健康成分としてよく知られていますが、実はひと口にポリフェノールと言っても、その種類は何千もあります。なかには血糖値抑制に逆効果なものもあるので、正しい知識をもって摂取することが大事です。

乳酸菌

腸内をよくする成分としてお馴染み。乳酸菌が配合されたヨーグルトや乳飲料などは、人気の商品です。この腸内を整える働きが、血糖値の改善にもつながることが、近年の研究で明らかになってきています。

食事で改善!血糖値を下げる方法

血糖値を下げるためには、食事制限をしなければならない…これは半分正しく半分は間違いです。より正確には、血糖値を上げてしまうものは控え、血糖値を下げるものは積極的に食べるということにつきます。そのポイントを、しっかり押さえておきましょう。

詳しく見る

血糖値を下げる食べ物とは

ズバリ結論から言いますと、「食物繊維」と「ミネラル」です。お馴染のトクホ商品(特定保健用食品)には、難消化性デキストリンという食物繊維が含まれているケースが多く見られます。また高血糖の方はミネラル不足という傾向があり、その補給も不可欠です。

詳しく見る

よく聞く
GI値ってなに?

?

GI値とは、簡単に言うと、食べ物に対して血糖値を上げるスピードの速さを数字で表したものです。ブドウ糖を摂取した時に血糖値が上昇するスピードを100と仮定しており、60を超えると高GI値、それ以下は低GI値とされるのが慣例になっています。ちなみに低GI値の食品は、血糖値そのものの上昇を抑えるのはもちろんのこと、インスリンの分泌も抑制し、糖が脂肪となるのを防ぐ働きもあります。

美味しく食べるなら!
レシピを紹介

!

「血糖値を下げる食事」と聞くと、どんなものを想像しますか?おそらく多くの方が、質素で味気ないものばかりを食べなくてはならないと思ってしまうかもしれません。でも心配ご無用。レシピの工夫次第で、美味しいものを作ることができるのです。ここでは「かじきのミルク煮」「牛肉とピーマンのカキ油炒め」など、美味しく食べられるおすすめの3レシピを紹介。ぜひチャレンジしてください。

食べ方・順番も大切

主食とおかず、汁ものを交互に食べる、日本の家庭ではおなじみの「三角食べ」。実は血糖値抑制という観点からすると、あまりよろしくはありません。ぜひ、血糖値を下げるのに効果的な食べ方を知っておいてください。

食べ物だけじゃない!血糖値を下げる飲み物とは

血糖値を下げる効果が期待できる飲み物は、ウーロン茶を筆頭に、桑の葉茶、ギムネマ茶、バナバ茶、グァバ茶、玉ねぎ茶など。逆に上げてしまう飲み物とは、砂糖やハチミツなどの糖分が多いものになります。

血糖値を上げてしまう食品とは?

ズバリ白米やパン類、麺類といった炭水化物、そして砂糖やはちみつなどを使用した菓子類・甘味類が双璧です。加えて、意外かもしれませんが、じゃがいも・にんじん・かぼちゃ・とうもろこしなどの根菜類も要注意です。

運動で改善!血糖値を下げる方法

血糖値下げるのには、どんな運動がいいのか?

日常的に運動を行うことは、血行や血流の活性化、体内の糖質消費といった直接的な血糖値抑制効果はもちろん、ストレス軽減によって血糖値の上昇を抑制するといった、間接効果も期待できます。ただし、それまで日常的に運動をしていなかったという方が、いきなり激しい運動をするのはNG。かえって健康を損ねる可能性もありますので、まずは正しい知識を身につけてください。

詳しく見る

生活習慣で改善!血糖値を下げる方法

できるところから始めよう!血糖値を下げるための生活習慣

例えば睡眠不足や昼夜逆転の生活などは、血糖値を上げてしまうというのをご存知でしょうか?生活習慣の改善は、血糖値をコントロールするために重要な要素です。お仕事や家庭の事情などで、すべてを改善するというのは難しいかもしれませんが、知識として把握しておき、できる範囲で実践していくように心掛けてください。「習慣」にしてしまえば、生活スタイルも変わります。

詳しく見る

高めの血糖値との上手な付き合い方

血糖値が高めの人が知るべき情報まとめ

血糖値が高いということは、糖尿病やそれに伴う合併症のリスクを抱えていることに他なりません。しかし、症状に対する正しい知識や、適切な対処法を知っておくことで、深刻な状況に至るリスクを軽減することは可能です。ここでは、血糖値に関する基本情報から、血糖値が高くなった場合の対処法、病院で処方される薬についてまで、役立つ情報をまとめました。

血糖値の正常値とは

健康診断で「正常」の場合でも油断は禁物

健康診断などで、血糖値が正常と診断されれば、思わず安心しますよね。しかし、健康診断などでよく行われている「空腹時血糖値」では、「たまたま低い」診断値となってしまう場合があるので油断は禁物。複数ある検査の方法や、それぞれの正常値について知っておきましょう。

血糖値が上がる原因

実は「過食」や「肥満」だけが原因ではありません

血糖値とは、血液中のブドウ糖の濃度のこと。血糖値の上昇というのは、過食や肥満が原因と思われていますが、実はそれだけではありません。痩せ型の人でも、血糖値が上昇してしまうリスクがあるのです。正しい知識を身につけ、正しい予防や対策を実践してください。

気をつけるべき症状

自覚症状に注意して、深刻になる前に病院でチェックを

高血糖がやっかいなのは、一定の段階まで自覚症状が現れにくいという点です。のどが非常に渇きやすくなる、尿の量や頻度が増える、疲れやすさを感じるようになる、などの自覚症状が出た時は、深刻になる前に、すぐ病院で診断を受けるようにしましょう。

ヘモグロビンA1cとの関係性とは?

隠れ高血糖」や「隠れ糖尿病」の発見のために

健康診断などでの血糖値検査で、たまたま低い数値が出て、「隠れ高血糖」や「隠れ糖尿病」が見落とされてしまうのを防ぐために考案されたのがヘモグロビンA1c(HbA1c)という数値。過去30〜60日間の平均血糖値を調べることができるとされています。

処方薬について

医師に処方される薬について知っておくべきこと

血糖値が一定レベル以上に、正常値を大きく上回っている場合は、医師による処方薬によって早急な改善が必要です。ただし、処方薬には副作用というデメリットもあります。メリットやデメリットを正しく理解するために、薬の種類や効能などの知識を深めましょう。

決定版!血糖値に効果のあるサプリメント徹底比較 詳しく見る